最新記事
@人と犬の間に友情は芽生える?犬に助けられ救われる人々を描くドキュメンタリー@海外の反応 Sep 25, 2021
@アメリカで手作りの豆腐屋!困難を乗り越えた歴史と人気の秘密とは?@海外の反応 Sep 25, 2021
@イスラム過激派の元ジハード主義者が語る生い立ち・戦い・組織の裏側@海外の反応 Sep 25, 2021
@コロナ禍を生き抜くための基礎知識!製薬業界の裏側を1年以上にわたって調査したドキュメンタリー@海外の反応 Sep 24, 2021
@もはやマンガの世界?プロが魅せる奇跡&超絶&ありえないゴール集@海外の反応 Sep 24, 2021
@外務省はなぜ情報を開示しない?東南アジアの在留邦人に向けたテロ警告に各国が反応@海外の反応 Sep 24, 2021
@北朝鮮から脱出できるか?命がけの成功例から学ぶ脱北の困難さ@海外の反応 Sep 24, 2021
@まさに予言?恒大集団破綻の4週前に投稿された動画が的確すぎてリピーター続出@海外の反応 Sep 23, 2021
@80年前に造られた超大型探検車の栄光と失墜。無知と短納期はロクな結果を生まない@海外の反応 Sep 23, 2021
@これぞ自由の国!宝島社の意見広告を凌駕する大胆な看板に拍手喝采@海外の反応 Sep 23, 2021
@もはや神業!そして伝説へ・・・プリンターのように精密な画を2枚同時に描いてみた@海外の反応 Sep 23, 2021
@韓国人=美容整形?韓国人が考える美人の基準ってなんだろう?@海外の反応 Sep 22, 2021
@中国が10年がかりで建設した世界最大級の巨大ダム建築プロジェクトを紹介@海外の反応 Sep 22, 2021
@新たなテクノロジーは戦争の未来をどのように変えていくのか@海外の反応 Sep 22, 2021
@1房で1万2千円!超高級ぶどう種「ルビーロマン」が高価な理由を探る@海外の反応 Sep 22, 2021
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

おすすめ韓国の反応
おすすめ海外の反応①
おすすめ海外の反応②
本日、最も読まれている人気記事です

@人と犬の間に友情は芽生える?犬に助けられ救われる人々を描くドキュメンタリー@海外の反応

投稿者

犬と私たち - 壊れない友情の秘密

'Dogs & us - The secrets of an unbreakable friendship'






今から数千年前、人間と犬は心の絆を結びました。そして今も、その友情の絆は続いている。狩猟、そり、牧畜など、犬は砂漠やジャングル、氷に覆われた地球の果てまで、あらゆる場所で人間に同行してきた。

しかし、犬が真の友情と限りない忠誠心を体現してきた一方で、私たちがこの素晴らしい動物を理解し始めたのはごく最近のことです。私たちは4本足の友人について何を知っているのでしょうか?

"Dogs & Us - The Secret of a Friendship "では、世界中の犬と人間の、美しく、刺激的で、特別な実話が語られています。刑務所の受刑者が勇気を出すのを助ける保護犬から、自閉症の若い女性のために特別に訓練された4本足のコンパニオン、匂いで行方不明者を探す救助犬まで、様々なエピソードが紹介されています。息を呑むような写真で、犬の特別な能力を紹介し、なぜ犬が私たちの社会に欠かせない存在なのかを明らかにしています。なぜ犬は私たちとこんなにもコミュニケーションがとれるのか?どこまで理解できるのか?そして、この素晴らしい友情の秘密は一体何なのか?


'Several thousand years ago, humans and dogs made an emotional pact. Today, that pact of friendship is still unbroken. Whether hunting, sledging or herding, dogs have accompanied humans everywhere, from deserts and jungles to the ice-covered ends of the earth.

But while the dog has long embodied true friendship and boundless loyalty, only recently have we started to understand this magnificent animal. What do we really know about our four-legged friends?

"Dogs & Us - The Secret of a Friendship" tells beautiful, exciting and extraordinary real-life stories of dogs and humans around the world. From the shelter dog helping a prison inmate find courage, to the specially trained four-legged companion of a young autistic woman, to the rescue dog using smell to locate missing people. In breathtaking pictures, the documentary shows dogs' special skills and uncovers why they are essential to our society. Why can dogs communicate with us so well? How far does this understanding go? And what exactly is the secret of this wonderful friendship?'

@コロナ禍を生き抜くための基礎知識!製薬業界の裏側を1年以上にわたって調査したドキュメンタリー@海外の反応

投稿者

ビッグ・ファーマ - 製薬会社はどれだけの力を持っているのか?

'Big Pharma - How much power do drug companies have?'






製薬業界は、医療政策に多大な影響力を持っています。公的資金を使って収益性の高い薬を開発する企業がある一方で、重大な副作用を隠蔽していたことが発覚した企業もあります。

Covid-19との闘いは、製薬会社の欲をさらに煽っています。業界の影響力は公衆衛生システムを脅かすのでしょうか?

製薬業界は、この10年間で大きな変化を遂げました。世界の医薬品のほとんどは、一握りの大企業、いわゆるビッグファーマによって製造されています。彼らはかつてないほど豊かで強力になっています。場合によっては、政府の医療政策の主導権を握っていることもあります。

このドキュメンタリーは、1年以上の調査を経て、患者、内部告発者、弁護士、医師、政治家、そして業界の代表者を集めて制作されました。大規模な研究機関は、独占を維持するために研究結果を隠したり、軽視したりしていると非難されています。例えば、てんかん治療薬「デパケン」を製造したサノフィ社は、ヨーロッパ中でスキャンダルを引き起こしました。米国では、ジョンソン・エンド・ジョンソン社が、何百万人もの人々をオピオイド中毒に陥れたとして裁判にかけられています。また、ノバルティス社は、目の病気である黄斑変性症の治療において不適切な行為があったとして、巨額の罰金を科せられている企業のひとつです。

製薬業界は、影響力のある医師からの支持を受けています。しかし、ドイツの医師のうち、製薬会社からの収入を申告しているのは5分の1に過ぎません。また、コロナウイルスのパンデミックに立ち向かう中、主に公的資金で開発された有望な薬の承認を求めるメーカー、ギリアド社のロビー活動にも注目したドキュメンタリーです。どの企業も、競合他社に勝つために、次の奇跡の治療法を見つけようとしています。


'The pharmaceutical industry exerts a huge amount of influence on health policy. Some companies develop highly profitable drugs with public money, while others have been found to have covered up serious side effects.

The fight against Covid-19 is further fueling the greed of pharmaceutical companies. Does the industry’s influence threaten public health systems?

The industry has seen major changes in the last decade. Most of the world’s pharmaceuticals are produced by a handful of large corporations, so-called Big Pharma. They’re richer and more powerful than ever. In some cases, they can even call the shots on governmental health policies.

This documentary is the result of more than a year of research, and brings together patients, whistleblowers, lawyers, doctors and politicians, as well as representatives of the industry. Large laboratories are accused of concealing or downplaying research results to maintain their monopolies. Take the manufacturer Sanofi, whose epilepsy drug Depakine triggered a scandal throughout Europe. In the US, Johnson & Johnson has had to stand trial for driving millions of people into opioid addiction. And Novartis is one of several companies now facing huge fines over improper practices in the treatment of macular degeneration, an eye disease.

The pharmaceutical industry gets support from influential doctors. But only one-fifth of German doctors declare what they receive from drug companies. As the world battles the Coronavirus pandemic, this documentary also looks at the lobbying efforts of manufacturer Gilead, as it seeks approval for a promising drug developed largely with public money. Every company is vying to find the next miracle treatment that will help it succeed against the competition.'

@もはやマンガの世界?プロが魅せる奇跡&超絶&ありえないゴール集@海外の反応

投稿者

撮影されていなければ誰も信じないようなゴール集

'Goals If Weren't Filmed, Nobody Would Believe'





@80年前に造られた超大型探検車の栄光と失墜。無知と短納期はロクな結果を生まない@海外の反応

投稿者

南極の雪上探検車に何が起こったのか?

'What Happened To The Antarctic Snow Cruiser?'






全長17メートル、全幅6メートル、重量3万4,000キログラムを超える「南極雪上車」は、これまでに見たことのない探査車である。地球上で最も困難で人を寄せ付けない場所に挑むために設計され、5人の探検家がこの機械の中で寝食を共にしながら、南極大陸の未知の地域へと足を踏み入れる。1年分の食料、燃料、物資を搭載し、最新の測量機器や工具も搭載する。この巨大な陸のクルーザーには、屋根に係留された測量機も搭載されていた。 1939年には、南極大陸の領有権をめぐる世界的な競争が始まった。氷の下に莫大な石油、石炭、鉱物の埋蔵量があると見込まれ、ノルウェー、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドが南極大陸の大部分の領有権を主張していた。領有権の主張に危機感を抱いたアメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領は、「アメリカ南極観測隊」を設立した。1939年秋に南極大陸に向けて出航した。 南極雪上船には特別な役割があった。その目的は、南極点に到達することである(1939年以前に南極点に足を踏み入れたのは、これまでに2回しかなかった)。数ヶ月の旅の間に、スノークルーザーとその航空機はコースに沿って調査を行い、わずか数ヶ月の間に、アメリカ人はそれまでのすべての探検隊を合わせたよりも多くの南極大陸を探索することを期待していた。この野心的な取り組みは、アメリカが南極大陸の領有権を確立するのに役立つだろう。 しかし、1939年秋までに南極へ出発するためには、雪上車はわずか11週間で建造しなければならなかった。このような野心的な初の機械にしては、信じられないほど短い期間であった。しかし、このクルーザーは、過剰な設計と十分なテストが行われていないことが明らかになり、設計は極めて楽観的なものになってしまっていた。

'Seventeen meters long, six meters wide, and weighing more than 34,000 kg, the Antarctic Snow Cruiser was unlike any exploration vehicle the world had ever seen. Designed to tackle the most difficult and inhospitable place on earth, five explorers would live, work and sleep aboard the machine in isolation while they ventured into uncharted regions of Antarctica. Equipped with enough food, fuel and supplies to last an entire year, the Snow Cruiser would carry the latest surveying instruments and tools. The enormous land cruiser would even carry a survey aircraft moored to its roof. By 1939 a global race was underway to claim portions of Antarctica. With the prospect of huge oil, coal and mineral reserves under the ice, Norway, Britain, France, Germany, Australia and New Zealand had all claimed large portions of the continent for themselves. Alarmed at the prospect of territorial claims, U.S. president Franklin Roosevelt established the U.S. Antarctic Service Expedition. It would be the first U.S. government sponsored expedition in decades, and would set sail for Antarctica in the fall of 1939. The Antarctic Snow Cruiser would have a special role to play. Its main objective would be to reach the South Pole (only two prior expeditions had ever set foot on the South Pole prior to 1939). During its months-long trek, the Snow Cruiser and it’s aircraft would make surveys along its course, and in just a few months the Americans were expecting to explore more of Antarctica than all previous expeditions combined. The ambitious effort would help the Americans establish their own territorial claim on the continent. But in the race to leave for Antarctica by the fall of 1939, the Snow Cruiser would have to be constructed in just 11 weeks, an incredibly short amount of time for such an ambitious, first of its kind machine. Soon, it would become abundantly clear that the Cruiser had been over-designed and under-tested, with extreme optimism seemingly guiding it’s design. '

@これぞ自由の国!宝島社の意見広告を凌駕する大胆な看板に拍手喝采@海外の反応

投稿者

ヨーク郡のI-83上にあるジョー・バイデン・タリバンの広告塔は誰の責任?

'Who's responsible for the Joe Biden Taliban billboard over I-83 in York County?'






最近、ヨーク郡の州間高速道路83号線を車で走っている人は、「Making the Taliban Great Again」というフレーズとともに、軍服を着たジョー・バイデン大統領を描いた巨大なビルボードを目にしたことがあるかもしれません。

'If you've driven along Interstate 83 in York County lately, chances are you've seen a giant billboard that features President Joe Biden in a military outfit along with the phrase "Making the Taliban Great Again."'

@もはや神業!そして伝説へ・・・プリンターのように精密な画を2枚同時に描いてみた@海外の反応

投稿者

プリンターのように描く LEVEL 2 - ロナウドとメッシを描く

'Draw Like A Printer LEVEL 2 - Drawing Ronaldo vs Messi'






2年前、プリンターのような絵を描くことに挑戦しましたが、今日は難易度を何倍にも上げて、ロナウドとメッシを同時に描きました。

'Two years ago, I took on the challenge of drawing like a printer, and today i increase the difficulty level many times, draw Ronaldo and Messi at the same time . '

@新たなテクノロジーは戦争の未来をどのように変えていくのか@海外の反応

投稿者

戦争の未来


'The Future of War'






文明が始まって以来、戦争は人類が会得したものの一部となってきました。しかし、新しいテクノロジーは、私たちが予想もしなかった方法で、戦争の様相を変えつつあります。サイバー戦争、自律的にAIを操縦するドローン、宇宙戦争など、戦争の未来は不気味で、恐ろしいものです。


'War has been a part of the human experience since the beginning of civilization. But new technologies are changing the face of warfare in ways that we never really expected. From cyberwarfare to autonomous AI-piloted drones to space warfare, the future of war is weird. And terrifying.'

@海底に沈むお宝を手にすると、人類は救われ深海生物が滅びる@海外の反応

投稿者

深海採掘は気候変動から人類を救うか?


'Will deep-sea mining save us from climate change?'






海底にある何十億もの目立たない岩石が、気候変動の被害から人類を救うかもしれない。この多金属の塊には、バッテリーや電気自動車、太陽光発電システムに必要なコバルトなどの金属が含まれています。しかし、これを採取すると、深海の生態系が破壊される恐れがあります。


'Billions of unassuming rocks on the seafloor could help humanity save itself from the ravages of climate change. These polymetallic nodules contain cobalt and other metals which we need for batteries, electric cars and photovoltaic systems. But harvesting them might destroy deep-sea ecosystems.
'

@プロの特殊効果&工業デザインエンジニアがガンプラの完成度に驚愕!@海外の反応

投稿者

アダム・サベージ初のガンダム製作-RX-78-2 Perfect Grade Unleashed!


'Adam Savage's First Gundam Build—RX-78-2 Perfect Grade Unleashed!'






アダムが初めてガンプラを作る!?バンダイナムココレクティブルズ、バンダイスピリッツ、ガンダムオンラインエキスポ2021の協力を得て、アダムとTestedチームは、美しい内部のメカニカルフレームデザインと象徴的な外部のガンダムアーマーに感嘆しながら、驚異的なPERFECT GRADE UNLEASHED RX-78-2 GUNDAMのモデルキットを組み立てました。アダムはこのモデルのパーツの詳細と、満足のいくスナップフィットのパーツの精度に驚かされました。


'Adam builds his first ever Gundam model (aka Gunpla)! In partnership with Bandai Namco Collectibles, Bandai Spirits, and the Gundam Online Expo 2021, Adam and the Tested team put together the incredible PERFECT GRADE UNLEASHED RX-78-2 GUNDAM model kit, admiring its beautiful interior mechanical frame design and iconic exterior Gundam armor. Adam is stunned by the detail of the model's parts and the precision of the pieces that satisfyingly snap-fit together! '

@シャーペンの書き味で値段がわかるか実験してみた@海外の反応

投稿者

このシャーペンは使えなくて高い...

'These Pencils are STUPID expensive...'








''