最新記事
@人と犬の間に友情は芽生える?犬に助けられ救われる人々を描くドキュメンタリー@海外の反応 Sep 25, 2021
@アメリカで手作りの豆腐屋!困難を乗り越えた歴史と人気の秘密とは?@海外の反応 Sep 25, 2021
@イスラム過激派の元ジハード主義者が語る生い立ち・戦い・組織の裏側@海外の反応 Sep 25, 2021
@コロナ禍を生き抜くための基礎知識!製薬業界の裏側を1年以上にわたって調査したドキュメンタリー@海外の反応 Sep 24, 2021
@もはやマンガの世界?プロが魅せる奇跡&超絶&ありえないゴール集@海外の反応 Sep 24, 2021
@外務省はなぜ情報を開示しない?東南アジアの在留邦人に向けたテロ警告に各国が反応@海外の反応 Sep 24, 2021
@北朝鮮から脱出できるか?命がけの成功例から学ぶ脱北の困難さ@海外の反応 Sep 24, 2021
@まさに予言?恒大集団破綻の4週前に投稿された動画が的確すぎてリピーター続出@海外の反応 Sep 23, 2021
@80年前に造られた超大型探検車の栄光と失墜。無知と短納期はロクな結果を生まない@海外の反応 Sep 23, 2021
@これぞ自由の国!宝島社の意見広告を凌駕する大胆な看板に拍手喝采@海外の反応 Sep 23, 2021
@もはや神業!そして伝説へ・・・プリンターのように精密な画を2枚同時に描いてみた@海外の反応 Sep 23, 2021
@韓国人=美容整形?韓国人が考える美人の基準ってなんだろう?@海外の反応 Sep 22, 2021
@中国が10年がかりで建設した世界最大級の巨大ダム建築プロジェクトを紹介@海外の反応 Sep 22, 2021
@新たなテクノロジーは戦争の未来をどのように変えていくのか@海外の反応 Sep 22, 2021
@1房で1万2千円!超高級ぶどう種「ルビーロマン」が高価な理由を探る@海外の反応 Sep 22, 2021
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

おすすめ韓国の反応
おすすめ海外の反応①
おすすめ海外の反応②
本日、最も読まれている人気記事です

@イスラム過激派の元ジハード主義者が語る生い立ち・戦い・組織の裏側@海外の反応

投稿者

アフガニスタンのジハード主義者のキャンプで暮らしていた。

'I Lived In A Jihadist Camp In Afghanistan'






1980年代にアフガニスタン、ビルマ、カシミール地方で戦った元ジハード主義者のマンワル・アリさんに、過激派になった経緯や、どのようにして自分の人生を変えたのかを聞いてみました。

'We sat down with Manwar Ali - an ex-jihadist who fought in Afghanistan, Burma and Kashmir in the 1980s, to hear about his radicalisation story and how he changed his path.'

@コロナ禍を生き抜くための基礎知識!製薬業界の裏側を1年以上にわたって調査したドキュメンタリー@海外の反応

投稿者

ビッグ・ファーマ - 製薬会社はどれだけの力を持っているのか?

'Big Pharma - How much power do drug companies have?'






製薬業界は、医療政策に多大な影響力を持っています。公的資金を使って収益性の高い薬を開発する企業がある一方で、重大な副作用を隠蔽していたことが発覚した企業もあります。

Covid-19との闘いは、製薬会社の欲をさらに煽っています。業界の影響力は公衆衛生システムを脅かすのでしょうか?

製薬業界は、この10年間で大きな変化を遂げました。世界の医薬品のほとんどは、一握りの大企業、いわゆるビッグファーマによって製造されています。彼らはかつてないほど豊かで強力になっています。場合によっては、政府の医療政策の主導権を握っていることもあります。

このドキュメンタリーは、1年以上の調査を経て、患者、内部告発者、弁護士、医師、政治家、そして業界の代表者を集めて制作されました。大規模な研究機関は、独占を維持するために研究結果を隠したり、軽視したりしていると非難されています。例えば、てんかん治療薬「デパケン」を製造したサノフィ社は、ヨーロッパ中でスキャンダルを引き起こしました。米国では、ジョンソン・エンド・ジョンソン社が、何百万人もの人々をオピオイド中毒に陥れたとして裁判にかけられています。また、ノバルティス社は、目の病気である黄斑変性症の治療において不適切な行為があったとして、巨額の罰金を科せられている企業のひとつです。

製薬業界は、影響力のある医師からの支持を受けています。しかし、ドイツの医師のうち、製薬会社からの収入を申告しているのは5分の1に過ぎません。また、コロナウイルスのパンデミックに立ち向かう中、主に公的資金で開発された有望な薬の承認を求めるメーカー、ギリアド社のロビー活動にも注目したドキュメンタリーです。どの企業も、競合他社に勝つために、次の奇跡の治療法を見つけようとしています。


'The pharmaceutical industry exerts a huge amount of influence on health policy. Some companies develop highly profitable drugs with public money, while others have been found to have covered up serious side effects.

The fight against Covid-19 is further fueling the greed of pharmaceutical companies. Does the industry’s influence threaten public health systems?

The industry has seen major changes in the last decade. Most of the world’s pharmaceuticals are produced by a handful of large corporations, so-called Big Pharma. They’re richer and more powerful than ever. In some cases, they can even call the shots on governmental health policies.

This documentary is the result of more than a year of research, and brings together patients, whistleblowers, lawyers, doctors and politicians, as well as representatives of the industry. Large laboratories are accused of concealing or downplaying research results to maintain their monopolies. Take the manufacturer Sanofi, whose epilepsy drug Depakine triggered a scandal throughout Europe. In the US, Johnson & Johnson has had to stand trial for driving millions of people into opioid addiction. And Novartis is one of several companies now facing huge fines over improper practices in the treatment of macular degeneration, an eye disease.

The pharmaceutical industry gets support from influential doctors. But only one-fifth of German doctors declare what they receive from drug companies. As the world battles the Coronavirus pandemic, this documentary also looks at the lobbying efforts of manufacturer Gilead, as it seeks approval for a promising drug developed largely with public money. Every company is vying to find the next miracle treatment that will help it succeed against the competition.'

@外務省はなぜ情報を開示しない?東南アジアの在留邦人に向けたテロ警告に各国が反応@海外の反応

投稿者

日本、東南アジアでのテロ攻撃の可能性について在留邦人に警告

'Japan warns citizens of possible terror attack in Southeast Asia'






日本が東南アジアでのテロ攻撃の可能性を警告したことについて、混乱と批判が生じています。日本は、東南アジアのフィリピン、タイ、ミャンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシアの在留邦人に対して、礼拝所や混雑した場所には近づかないようにという安全勧告を出していました。なお、この安全勧告に記載されている多くの国では、差し迫った脅威の兆候はないとしています。

'There has been confusion and criticism over Japan's warning of a possible terror attack in the region. Japan had issued a security advisory to its citizens in Southeast Asia, asking those in the Philippines, Thailand, Myanmar, Malaysia, Singapore and Indonesia to stay away from places of worship and crowded spaces. It cited intelligence that there could be possible attacks on such places, where large groups gather. Many of the countries mentioned in the security advisory said there are no indications of any imminent threat.'

@石油が枯渇したら中東諸国の金持ちはどうなる?@海外の反応

投稿者

石油のない未来は湾岸諸国にとってどのようなものか


'What a future without oil looks like for the Gulf countries'






かつては天然の石油資源によって莫大な富がもたらされた地域でしたが、市場の低迷と原油価格の急落により、湾岸協力会議は経済的に不安定な立場に置かれています。CNBCのネッサ・アンワルが、ハドリー・ギャンブルとともに、経済の多様化から内部の意見の相違まで、GCCの課題について語ります。


'Once a region seeing vast flows of wealth due to natural petroleum resources, the market slowdown and plunging oil prices have placed the Gulf Cooperation Council in a position of economic uncertainty. CNBC’s Nessa Anwar is joined by Hadley Gamble to discuss the GCC’s challenges, from economic diversification to their internal disagreements. '

@テレワーカーの侵略@海外の反応

投稿者

この町はパラダイスだった。そして、誰もが自宅で仕事をするようになった。


'This Town Was Paradise, Then Everyone Started Working From Home'






従来のオフィスから解放されたリモートワーカーが国中に移住し、遠隔地の町では「ズームブーム」が起きています。コロラド州のクレステッドビュートでは、この移住者の増加により、地元の人々が住む場所がなくなり、町が住宅緊急事態を宣言する事態になっています。


'Freed from traditional offices, remote workers are relocating all over the country, fueling "Zoom booms" in remote towns. In Crested Butte, Colorado, the new influx is leaving locals with nowhere to live, prompting the town to declare a housing emergency.'

@医者はビジネスマン@海外の反応

投稿者

アメリカの医療危機は、地方都市にも及んでいる


'America Has a Healthcare Crisis, and It's Hurting Rural Towns'






この10年間で、アメリカの地方都市では、約10%の地域病院が閉鎖されました。これらの病院の閉鎖により、人口が減少し、医療へのアクセスが制限されています。


'In the last decade, almost 10% of community hospitals have shut down in rural towns across the country. The closures have led to dwindling populations and limited access to healthcare.'

@これが日本の首相だったら?@海外の反応

投稿者

9/11: ジョージ・ブッシュ、サウスタワーへの攻撃を知る

'9/11: George Bush Finds Out About the Attack on the South Tower '






2001年9月11日、アメリカは攻撃を受けました。

ジョージ・ブッシュ政権が、世界を永遠に変えてしまった朝について述べています。


'On September 11th 2001, the United States came under attack.

The George Bush administration describe the morning that changed the world forever.'

@リサイクルで自然を破壊しよう!@海外の反応

投稿者

古着とファストファッションがもたらす環境破壊

'The Environmental Disaster that is Fuelled by Used Clothes and Fast Fashion'






世界のファッション中毒のダークサイド。慈善団体に寄付された私たちの古着の多くは、西アフリカの繊維の山で朽ち果てています。この記事は、私たちのゴミがどのように環境破壊を引き起こしているかについての物語っています。


'The dark side of the world’s fashion addiction. Many of our old clothes, donated
to charities, end up in rotting textile mountains in West Africa. This is a story
about how our waste is creating an environmental disaster.'

@アメリカ:妄想・認知症・裏切者@海外の反応

投稿者

米国は「狂ってしまった」

'The United States 'has gone mad''






スカイニュースの司会者、シャリー・マークソン氏によると、ジョー・バイデン米大統領はアフガニスタン撤退を勝利と主張しているが、実際にはそうではない。

「これは勝利ではない」とマークソン氏は語った。

「9.11の20周年を迎えるにあたり、安全と安心の立場から振り返るのではなく、突然、イスラムのテロが再燃したのです。」

「アメリカは狂ってしまったのです」

マークソン氏は、世界的なテロが「再び大規模になってきた」と述べています。


'Sky News host Sharri Markson says US President Joe Biden is claiming his Afghanistan exit as a victory, however it is not.

“This was no victory,” Ms Markson said.

"As we come up to the 20th anniversary of 9/11, instead of us looking back from a position of safety and security, suddenly Islamic terror is reenergised.

"The US has gone mad."

Ms Markson said global terror “is at large once again”.'

@Youは何しにアフガンへ?@海外の反応

投稿者

9.11の記念日に、米軍がアフガニスタンに長く駐留した理由を問う


'9/11 anniversary raises questions over why US troops stayed in Afghanistan so long'






5部構成のドキュメンタリー番組「9.11 20 Years Later: 9.11から20年、最も長い影」と題して、アフガニスタンとイラクでの戦争を詳しく見ていきます。


'A five-part docuseries, "9/11 Twenty Years Later: The Longest Shadow," takes a closer look at the wars in Afghanistan and Iraq.'