最新記事
海外「日本のアニメ映画の勢いが凄い」呪術廻戦0興行収入に外国人が驚愕! Jan 16, 2022
海外「日本人の発想は凄い!」新宿3D猫のテレポート移動に外国人が賞賛! Jan 15, 2022
海外「どうして日本にはクールな木があるんだ!」藤の花の美しさに外国人が感激! Jan 14, 2022
海外「横浜の巨大なガンダムが凄すぎる!ファンタスティック!」日本の技術を世界が絶賛! Jan 13, 2022
海外「ダースベイダーをはじめ『スターウォーズ』の多くは日本の影響で生まれた名作だ!」ハリウッド映画への日本の影響が評価される! Jan 12, 2022
海外「日本のアイドルビジネスやばすぎ!これに文句言うなよwwww」AKB48の動画が今でも外国人に話題にwwww Jan 11, 2022
海外「ワオ!日本にはこんな凄いガールズバーがあるのか!」マッスルガールバーがヤバいと外国人も驚愕wwwwww Jan 11, 2022
海外「アフリカの黒人奴隷でも日本ではサムライになれるんだ!」織田信長に仕えた弥助が外国人にも話題に! Jan 10, 2022
海外「クロサワ映画が世界に影響を与えた!」1960年の黒澤明と三船敏郎の姿が大反響! Jan 09, 2022
海外「日本人は電車を待つ姿も美しい!」この一枚の写真が素晴らしいと外国人にも話題に! Jan 08, 2022
海外「日本語は奥が深い」アリアナ・グランデが入れた漢字タトゥーで思わぬ展開に! Jan 08, 2022
海外「20年前に伝説のゲームが日本で生まれたんだよ!」ゲーム界で常に世界をリードする日本を外国人が絶賛! Jan 07, 2022
海外「日本の高校サッカーは面白い!」流通経済大柏の奇抜なPKに興味津々! Jan 07, 2022
海外「日本の全米バスケットボール選手権の応援の仕方が斬新だwww」カップヌードルの日清の後援方法が外国人にも話題にwwww Jan 06, 2022
海外「東京パラリンピックの伴走者は素晴らし過ぎる!」障害者に寄り添ったガイドランナーに称賛の声! Jan 05, 2022
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

おすすめ韓国の反応
おすすめ海外の反応①
おすすめ海外の反応②
本日、最も読まれている人気記事です

@毎日、鳥を狙って銃を撃つが決して鳥には当てない男?鳥好きが羨むようなその仕事とは@海外の反応

投稿者

毒のある穴から鳥を遠ざけるために、一日中鳥を撃っている男性をご紹介します。

'Meet The Man Who Shoots At Birds All Day To Keep Them Off A Toxic Pit'






渡り鳥がバークレー・ピットに数時間以上上陸すると、内側から焼かれてしまいます。現在、鉱山労働者はライフルやドローン、レーザーなどを使って鳥を追い払っています。

'If migrating species land on the Berkeley Pit for more than a few hours, they get cooked from the inside out. Now, miners use a rifle, drones, and lasers to scare the birds away.'

@世界初の電動式ウィングスーツ!ギネス公式動画なのにめっちゃ叩かれてるんだけどw@海外の反応

投稿者

世界初の電動ウィングスーツ

'World's First Electric Wingsuit '






エアスポーツのエキスパートであるピーター・ザルツマンは、BMWデザインワークスと共同で、世界初の完全電動式ウィングスーツを開発しました。

飛行中、ザルツマン氏は最高速度186 mph(299 km/h)を記録しました。


'Air sports expert Peter Salzmann teamed up with BMW Designworks to create the first fully electric powered wingsuit.

During the flight, he reached reported speeds of up to 186 mph (299 km/h).'

@インフルエンサーへの行き過ぎたストーカー行為を追ってみた!非常識な親に批判コメ殺到@海外の反応

投稿者

ファンダムの異常なまでの忠誠心

'The Insane Loyalty of Fandom'






有名人のストーカー行為は昔からある問題です。しかし、YouTube、Instagram、TikTokの時代になると、その傾向はさらに強まっています。ファンは、お気に入りのコンテンツ制作者の家に何度も現れ、スターがビデオの中と同じように歓迎してくれることを期待しています(「heeeeey guys」)。なぜこれらのファンは、これが侵略的であることに気づかないのでしょうか?ひとつには、インフルエンサーたちがそれを奨励しているからだ。 The Deep Endでは、Vice Newsの特派員であるアリス・ハインズが、強迫観念の限界を探る旅に出ています。

'Celebrity stalking is an old problem. But it’s happening way more in the age of YouTube, Instagram and TikTok. Fans repeatedly show up at their favorite content creators’ homes and expect the stars to be as welcoming as they are in their videos (“heeeeey guys”). Why don’t these fans realize this is invasive? In part, because the influencers encourage it. In The Deep End, Vice News correspondent Alice Hines goes on a journey to the outer limits of obsession.'

@VRニュース最前線!VRグローブってどんなもの?寝ながらVR体験もできるデバイス?@海外の反応

投稿者

Meta社のVRグローブは実際に狂っている

'Meta's VR Gloves are actually INSANE'






こんにちは、TUESDAY NEWSDAYへようこそ。一週間分のVRニュースをお届けします。今日は、Meta社のプロトタイプVRグローブに関するとてもクールな情報や、今すぐ手に入れられる他社のグローブ、Diver X社のHalf Dive VRヘッドセットの情報など、盛りだくさんの内容です。

'Hello and welcome to, TUESDAY NEWSDAY! Your number one resource for the entire week's worth of VR news! Today we have some really cool information on Meta's prototype VR gloves, another company's gloves you can get right now, more info on the Half Dive VR headset from Diver X and so much more'

@チェルノブイリ原発の内部にドローンを飛ばしてみた!原発内部の様子よりもドローンへの注目コメント多数w@海外の反応

投稿者

チェルノブイリ原子力発電所に潜入

'Going Inside the Chernobyl Nuclear Plant'






史上最悪の原発事故から35年経った今でも、チェルノブイリの一部は人々が立ち入ることのできないほどの放射能に覆われています。

'35 years after the worst nuclear disaster in history, parts of Chernobyl are still too radioactive for people to go to. '

@新鮮な肺が1500万!?世界のブラックマーケットで横行する臓器売買の実態に迫ってみた@海外の反応

投稿者

ブラックマーケットで臓器を買う

'Buying Organs on the Black Market'






闇市場の臓器狩りは、組織的な犯罪者と腐敗した医師、警察、医療事務スタッフが結託して、人間の臓器を横行して取引するものです。臓器売買の現場に潜入し、規制のない危険な市場で、どのように取引が行われているのか、また、取引の両端で必死になっている人々にどのようなリスクがあるのかを見ていきます。

'The Black Market Organ Harvesting is a rampant trade in human organs, involving collusion between organised criminals and corrupt doctors, police and medical administration staff. We dive into the body trade and see the ways it operates and the risks involved for the desperate people at both ends of the deal, in what is an unregulated and often perilous market. '

@ベトナム最強説!?世界の大手ファーストフードチェーンがベトナムの地元店舗に勝てない理由@海外の反応

投稿者

なぜマクドナルドはベトナムで失敗したのか

'Why McDonald’s Flopped In Vietnam'






世界のほとんどの地域では、ファーストフード産業が盛んです。6,510億ドル規模のファストフード業界では、マクドナルドやバーガーキングなどのチェーン店がトップを占めています。しかし、ベトナムでは、これらのブランドは成功していません。マクドナルドは全世界で36,000店舗、バーガーキングは16,000店舗以上を展開しています。しかし、ベトナムでは、マクドナルドは17店舗、バーガーキングは13店舗です。

食の選択肢が豊富なベトナムでは、米国のファストフードチェーンの中には、現地の競合店との競争に苦戦しているところもあります。

マクドナルドとバーガーキングがなぜベトナムで失敗しているのか、このビデオをご覧ください。


'The fast food industry thrives in most of the world. Chains like McDonald's and Burger King typically come out on top in the $651 billion fast food industry. In Vietnam, however, the brands have failed to take off. McDonald's and Burger King have more than 36,000 and 16,000 locations across the globe, respectively. But in Vietnam, McDonald's has 17 stores and Burger King has 13.

In Vietnam, a country spoiled for choice when it comes to food, some U.S. fast food chains are struggling to compete with the local competition.

Check out the video above to see why McDonald's and Burger King are flopping in Vietnam.'

@車上荒らしが横行してるから観光客はレンタカーを使うな!それって、なんかおかしくない?@海外の反応

投稿者

サンフランシスコでのレンタカーの使用を控えるよう観光客に注意喚起。

'Tourists Warned Not To Rent Cars In San Francisco To Epidemic Of Auto Break-Ins'






サンフランシスコで発生している車上荒らしが悪化していることが、新しいデータで明らかになりました。ベティ・ユーによると、観光客はサンフランシスコでレンタカーを借りないように言われるほど、ひどい状況になっているそうです。

'New data reveals the epidemic of car break-ins in San Francisco is worsening. Betty Yu reports it has gotten so bad tourists are being told not to rent cars in The City.'

@怒り狂った客が店員の顔に!客の横暴な態度とその職業に批判コメント殺到@海外の反応

投稿者

怒った客が店長の顔にスープを投げつける

'Angry Customer Throws Soup in Restaurant Manager’s Face'






テキサス州テンプルで、腹を立てた客がレストランのマネージャーの顔にスープを投げつける様子がビデオに収められました。24歳のジャネル・ブローランドによると、この客はスパイシーなメヌード・スープを注文し、あまりの熱さに容器のプラスチックの蓋が溶けてしまったと苦情の電話をしてきたそうです。「私はもちろん返金を申し出て、代わりの食事を用意するか、まったく別のものを用意しようとしました」。しかし、そのお客さんが現れて、ジャネルさんの顔にスープを投げつける騒ぎになってしまったのです。

'An irate customer was captured on video throwing soup into a restaurant manager’s face in Temple, Texas. Janelle Broland, 24, says the customer ordered a spicy menudo soup and called to complain that it was so hot it melted the plastic lid of the container. “I of course offered her refunds and was trying to get her either a replacement meal or just something completely different,” she said. But the customer showed up to confront her, causing a scene before throwing the soup in Janelle’s face.'

@近未来、人類を支配する国はモロッコかも?世界の食糧事業の鍵はアレが握っている@海外の反応

投稿者

中国、インド、アメリカ、そして世界をモロッコが密かにコントロールする方法とは?

'How Morocco Secretly Controls China, India, The United States, And the World'






これは中国の農場である。
これは、ニューヨークのマクドナルドです。
これは、ムンバイの集合住宅です。
そして、これはロンドンの超高層ビルです。

これらの共通点は何でしょうか?それは......結局のところ これらの場所の成功や失敗はすべて...
経済的なブームや崩壊...
人口増加や飢饉までもが
近い将来、モロッコという国が決めるかもしれない。


'This is a farm in China,
This is a Mcdonalds in New York,
This is an apartment complex in Mumbai,
And this is a skyscraper in London.

What do all these have in common? Well as it turns out. All of these places' successes or failures…
Economic booms or collapses…
And even population growth or famines...
Might soon be decided by the nation of Morocco.'