最新記事
@人と犬の間に友情は芽生える?犬に助けられ救われる人々を描くドキュメンタリー@海外の反応 Sep 25, 2021
@アメリカで手作りの豆腐屋!困難を乗り越えた歴史と人気の秘密とは?@海外の反応 Sep 25, 2021
@イスラム過激派の元ジハード主義者が語る生い立ち・戦い・組織の裏側@海外の反応 Sep 25, 2021
@コロナ禍を生き抜くための基礎知識!製薬業界の裏側を1年以上にわたって調査したドキュメンタリー@海外の反応 Sep 24, 2021
@もはやマンガの世界?プロが魅せる奇跡&超絶&ありえないゴール集@海外の反応 Sep 24, 2021
@外務省はなぜ情報を開示しない?東南アジアの在留邦人に向けたテロ警告に各国が反応@海外の反応 Sep 24, 2021
@北朝鮮から脱出できるか?命がけの成功例から学ぶ脱北の困難さ@海外の反応 Sep 24, 2021
@まさに予言?恒大集団破綻の4週前に投稿された動画が的確すぎてリピーター続出@海外の反応 Sep 23, 2021
@80年前に造られた超大型探検車の栄光と失墜。無知と短納期はロクな結果を生まない@海外の反応 Sep 23, 2021
@これぞ自由の国!宝島社の意見広告を凌駕する大胆な看板に拍手喝采@海外の反応 Sep 23, 2021
@もはや神業!そして伝説へ・・・プリンターのように精密な画を2枚同時に描いてみた@海外の反応 Sep 23, 2021
@韓国人=美容整形?韓国人が考える美人の基準ってなんだろう?@海外の反応 Sep 22, 2021
@中国が10年がかりで建設した世界最大級の巨大ダム建築プロジェクトを紹介@海外の反応 Sep 22, 2021
@新たなテクノロジーは戦争の未来をどのように変えていくのか@海外の反応 Sep 22, 2021
@1房で1万2千円!超高級ぶどう種「ルビーロマン」が高価な理由を探る@海外の反応 Sep 22, 2021
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

おすすめ韓国の反応
おすすめ海外の反応①
おすすめ海外の反応②
本日、最も読まれている人気記事です

@著名な日本人建築家による150億円の日本風アパートメントに行ってみた@海外の反応

投稿者

セントラルパークを望む、日本風にアレンジされた1億3500万ドルのニューヨークのアパートメントの内部


'Inside a Japanese Inspired $135,000,000 NYC Apartment With Central Park Views'






今週は、ニューヨークの象徴的なビル「432 Park Ave」の79階のユニットをご紹介します。このフルフロアのユニットは、世界的に有名なアーティストであり建築家でもある杉本博司氏によって、伝統的な日本のスタイルでデザインされています!


'This week we are touring the 79th floor unit of the iconic 432 Park Ave building in New York City. This full floor unit is designed in a traditional Japanese style by world-renowned artist and architect Hiroshi Sugimoto! '

@新兵器:超高速滑空発射体@海外の反応

投稿者

日本は中国の空母を壊滅させることができる極超音速ミサイルで尖閣諸島を防衛する。

'Japan To Guard Senkaku Island With Hypersonic Missiles That Can Decimate Chinese Aircraft Carriers'






日本は、北京の拡張主義を抑止するために、対艦能力を備えた「極超音速滑空飛翔体」(HVGP)を開発している。この対艦ミサイルは、紛争海域にいる中国の軍艦を壊滅させることができるという。極超音速兵器とは、音速の5倍以上の速度で移動する誘導弾のことです。


'Japan is developing a ‘hypervelocity gliding projectile’ (HVGP) with anti-ship capabilities to deter Beijing’s expansionist spree. The anti-ship missile will be capable of decimating Chinese warships in the disputed waters. A hypersonic weapon is a guided missile that travels faster than five times the speed of sound.'

@ニンジャ・イズ・No.1@海外の反応

投稿者

日本のバイクがハーレーダビッドソンを圧倒

'This Japanese Bike Took Down Harley-Davidson'






反逆者が選ぶ乗り物、それがオートバイです。長い間、バイクといえばハーレー・ダビッドソンでした。
しかし、80年代に入ると、ハーレーはエッジを失い、モーターサイクル全体がかっこよさを失っていきました。
しかし、トム・クルーズが1986年に映画「トップガン」で乗っていた「Ninja」。あれですべてが変わりました。カワサキのNinjaは、高度なエンジニアリング、アグレッシブなデザイン、そしてキラー・ブランディングの組み合わせにより、モーターサイクルを再びクールなものにしました。
この2輪の悪魔は、スポーツ・バイクの分野に衝撃を与え、今日まで続く「世界最速のモーターサイクル」のタイトルをかけた激しい戦いに拍車をかけました。世界で最も有名なスポーツバイク、カワサキ・ニンジャの歴史を、ジェームス・パンフリーと一緒に振り返ってみよう。


'Motorcycles: the rebel’s vehicle of choice. For the longest time those motorcycles were Harley-Davidsons. But by the ‘80s Harleys had lost their edge, and motorcycles as a whole were hemorrhaging cool. Then Tom Cruise raced a fighter jet on a new bike called “Ninja” in the biggest movie of 1986, and everything changed. The Kawasaki Ninja made motorcycles cool again through a combination of advanced engineering, aggressive design, and killer branding. This two-wheeled speed demon kick-started the sportbike segment, and spurred an intense battle for the title “Fastest Motorcycle in the World” that continues today. Join James Pumphrey for a face-melting ride into the history of the world’s most famous sportbike, the Kawasaki Ninja!'

@水素自動車に乗ってみた@海外の反応

投稿者

水素自動車に乗るということ

'The Truth about Driving a Hydrogen Car'






水素燃料電池車で1800マイル走ってみた! この動画をスポンサーし、2021#Mirai を貸してくれたトヨタに感謝します。

'I drove 1800 miles in a Hydrogen Fuel Cell Car! Thanks to Toyota for sponsoring this video and lending us the 2021 #Mirai '

日本の100億ドル規模の未来型スマートシティ。海外の反応

1.投稿者

日本の100億ドル規模の未来型スマートシティ

'Japan's $10 Billion Dollar Smart City Of The Future'















トヨタは、富士山の麓に100億ドル規模のスマートシティを建設しています。ウーブン・シティは、トヨタの従業員、エンジニア、科学者、研究者が住み、働くことのできる実験室となります。この最先端のスマートシティには、環境にやさしいスマートハウス、さまざまな種類のロボット、自律走行車などが導入されます。この都市は、3種類の異なる道路をシームレスに織り交ぜた独自のグリッドシステムで構築され、相互に連結したコミュニティを形成します。いくつかの道路は、トヨタのe-Paletteのような自律走行車専用に使用されます。その他の道路は、愛i WALKのような、歩行者や自転車、モビリティスクーターのための道路です。最後のタイプの道路は、歩行者のみが利用できるリニアパークになります。ウーブン・シティのスマートホームは、ロボットによって建設され、日本の伝統的な建築方法で組み立てられます。テクノロジーと自然との融合は、ウーブン・シティの主要なテーマです。セントラルプラザは、居住者が交流したり、買い物をしたりできる場所になります。テクノロジーの発達により、人間は外で過ごす時間が減り、オンラインで過ごす時間が増えていますが、デザイナーは、ウーブンシティのセントラルプラザを、人間同士のつながりを前面に押し出した新しいタイプの街の広場にしたいと考えています。ウーブン・シティの地下交通システム「マターネット」は、トヨタのロボット「マイクロパレット」を使って、人々の家に直接食品やその他の商品を届けることができます。ここでは、ウーブン・シティがどのようなものになるかをご紹介します。バーチャルツアーに参加する準備はできていますか?トヨタの「ウーブンシティ」についてもっと知りたい方は、ぜひご覧ください。







'Toyota is building a $10 billion smart city at the base of Mount Fuji. Woven City will be a living laboratory where Toyota employees, engineers, scientists, and researchers can live and work. The state-of-the-art smart city will feature eco-friendly smart houses, numerous types of robots, and autonomous vehicles. The city will be built on a unique grid system with three different types of roads seamlessly weaved together to create an interconnected community. Some roads will be used exclusively by autonomous vehicles like the Toyota e-Palette. Other roads will be for pedestrians and people on bicycles and mobility scooters like the Toyota i Walk. The final type of road will be a linear park that can only be used by pedestrians. The smart homes in Woven City will be built by robots and put together using traditional Japanese construction methods. Combining technology with nature will be a major theme in Woven City. The Central Plaza will be a place where residents can socialize and shop. Technology has resulted in humans spending less time outside and more time online, but designers want to make Woven City’s Central Plaza a new type of town square where residents can bring human connectivity to the forefront. Woven City's underground transport system called matternet can be used to deliver food and other goods directly to people's homes using Toyota Micro-Palette robots. Here’s a look at what Woven City will look like. Are you ready for a virtual tour? Keep watching to learn more about Toyota's Woven City. '


ソフトバンクがPepperから撤退。海外の反応

1.http://blog-imgs-72.fc2.com/a/t/u/atuiblog/person999.jpg"">:投稿者

ソフトバンクがPepperから撤退

'Gravitas: Softbank pulls the plug on Pepper'

















ソフトバンクはセミ・ヒューマノイドのPepperの開発を中止し、ホンダはロボットのAsimoの開発を中止しました。セミ・ヒューマノイドは人間に取って代わることができないのか?







'Softbank has pulled the plug on its semi-humanoid Pepper, Honda has discontinued its robot Asimo. Are semi-humanoids failing to replace humans?'


日本最速の餅つき名人!海外の反応

1.投稿者

日本最速の餅つき名人を紹介

'Meet Japan's Fastest Mochi Pounding Master'












私たちが出会ったのは、奈良県で30年前から餅つきをしている餅つき職人の中谷さんです。中谷さんは、30年以上前から餅つきを続けている奈良の餅屋さんです。彼の高速な餅つき技術は、世界中の人々を魅了していますが、彼にとって餅つきは単なるパフォーマンスではなく、最高の餅を作るための手段なのです。お話をお聞かせいただいた中谷さんに感謝します。







'We met Mr. Nakatani, a mochi maker from Nara, Japan who has been pounding mochi for the past 30 years. His fast pounding technique became a magnet for visitors from all around the world but for him, this is not just a performance but a way to make the best mochi possible. Special thanks to Mr. Nakatani for sharing his story. '


史上最速の列車|その物理学の全貌に迫る。海外の反応

1.投稿者

史上最速の列車|その物理学の全貌に迫る

'The Fastest train ever built | The complete physics of it'

















磁気浮上式の列車は今では一般的になりました。しかし、JR東海が開発した「マグレブ」は、他の列車に比べて非常にユニークで優れています。時速600km以上で走り、「最速の列車」の地位を獲得しています。この列車には「SC MagLev」と呼ばれる超電導磁石が使われています。 この列車の超電導磁石は、励磁電流を流すと、循環する直流電流と強力な磁界を永遠に、しかもロスなく発生させることができます。2027年までに他の磁気浮上技術を追い越すと予測されている、この実証済みの列車技術について、さらに理解を深めていきましょう。この技術は、2030年までにニューヨークとワシントンD.C.をわずか1時間で結ぶことができると言われています。







'Magnetically levitated trains are common nowadays. However, the MagLev train the Central Japan Railway Company developed is quite unique and superior to the other trains. Running at more than 600 km per hour, it has achieved the status of ‘fastest train.’ This train uses superconducting magnets, which is why it is called SC MagLev. Once charged with an exciting current, the superconducting magnets of this train produce a circulating DC current and strong magnetic field forever, with zero loss. Let’s understand more about this successfully tested train technology, which is projected to overtake other magnetic levitation technologies by the year 2027. The same technology is poised to connect New York city to Washington DC in just one hour by 2030.'

日本一豪華な列車の内部を大公開!海外の反応

1.投稿者

日本で最も豪華な列車 - ロイヤル・エクスプレスの車内を全て紹介

'Japan's Most Luxurious Train - Full walk-through of The Royal Express'











日本の通勤電車の効率の良さは世界一だと思います。東京をはじめとする都市部の鉄道網は、一人でも多くの人を会社や学校に効率よく送り届けることを目的としており、その目的を達成するために素晴らしい働きをしています。

しかし、日本は「おもてなし」や「楽しい旅」が大好きな国でもあり、鉄道デザイナーがその目的に向かって力を発揮すると、素晴らしいものが生まれるのです。

今回ご紹介するのは、首都圏の大手私鉄である東急電鉄が運行する観光列車「ロイヤルエクスプレス」。8両編成のこの列車は、プラスチック製のベンチシートやつり革といった一般的なものとは一線を画し、エレガントな布張りの座席に座って、ゆったりと旅を楽しむことができます。

日本の伝統的な組子風の木の格子を多用し、天井にも表情豊かな美学が施されています。

絵本を集めた「絵本ライブラリー」を併設したキッズスペースには、従来のプラスチック製のボールプールではなく、「木のプール」が設置されており、美しい空間を演出しています。
キッズエリアのファミリーシートには広々としたデスクがあり、読書などに最適です。

通常、ロイヤルエクスプレスは、東京から南へ30分の横浜と、静岡県の美しい海辺の町、下田を結んでいます。 絶対おススメ!







'The efficiency of Japan’s commuter trains is the best in the world. The rail networks that service Tokyo and other urban population centers are all about getting as many people as possible to their offices and schools with maximum efficiency, and they do an incredible job meeting that goal.

However, Japan is also a country that loves hospitality and for-fun travel, and when train designers put their skills towards those goals they create amazing things too.

Introducing the exquisitely designed Royal Express, a sightseeing train operated by Tokyu Dentetsu, one of the major private railway companies in the Tokyo area. The eight-car train’s amenities are a far cry from the plasticky bench seats and hanging straps of ordinary trains, instead inviting passengers to take a seat on elegantly upholstered seating as they relax and enjoy the journey.

Extensive use is made of traditional Japanese kumiko-style wooden latticework, and the ceilings are also exercises in expressive aesthetics.

Even the kids’ play area, which includes a “picture book library” collection of children’s literature, is beautifully appointed, with a “wooden pool” instead of standard plastic ball pit.
Family seats in the kids’ area have spacious desks, great for reading or other activities.

Ordinarily, the Royal Express runs between Yokohama (30 minutes south of Tokyo) and the beautiful seaside town of Shimoda, about three hours down the coast in Shizuoka Prefecture. Definitely Got Some! '


日本の最新真空パック技術、トゲトゲのウニすらパック出来るレベルへ到達!海外の反応



1.投稿者

日本の最新真空パック技術ならウニだってパックできちゃう!


画像クリックで動画ページに飛びます

'Japan’s latest vacuum packaging technology even allows you to seal sea urchins.'