最新記事
@外務省はなぜ情報を開示しない?東南アジアの在留邦人に向けたテロ警告に各国が反応@海外の反応 Sep 24, 2021
@北朝鮮から脱出できるか?命がけの成功例から学ぶ脱北の困難さ@海外の反応 Sep 24, 2021
@まさに予言?恒大集団破綻の4週前に投稿された動画が的確すぎてリピーター続出@海外の反応 Sep 23, 2021
@80年前に造られた超大型探検車の栄光と失墜。無知と短納期はロクな結果を生まない@海外の反応 Sep 23, 2021
@これぞ自由の国!宝島社の意見広告を凌駕する大胆な看板に拍手喝采@海外の反応 Sep 23, 2021
@もはや神業!そして伝説へ・・・プリンターのように精密な画を2枚同時に描いてみた@海外の反応 Sep 23, 2021
@韓国人=美容整形?韓国人が考える美人の基準ってなんだろう?@海外の反応 Sep 22, 2021
@中国が10年がかりで建設した世界最大級の巨大ダム建築プロジェクトを紹介@海外の反応 Sep 22, 2021
@新たなテクノロジーは戦争の未来をどのように変えていくのか@海外の反応 Sep 22, 2021
@1房で1万2千円!超高級ぶどう種「ルビーロマン」が高価な理由を探る@海外の反応 Sep 22, 2021
@日本の陸上自衛隊が対中国に向けた大規模な軍事演習を開始する@海外の反応 Sep 22, 2021
@著名な日本人建築家による150億円の日本風アパートメントに行ってみた@海外の反応 Sep 22, 2021
@海底に沈むお宝を手にすると、人類は救われ深海生物が滅びる@海外の反応 Sep 21, 2021
@プロの特殊効果&工業デザインエンジニアがガンプラの完成度に驚愕!@海外の反応 Sep 21, 2021
@シャーペンの書き味で値段がわかるか実験してみた@海外の反応 Sep 21, 2021
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

おすすめ韓国の反応
おすすめ海外の反応①
おすすめ海外の反応②
本日、最も読まれている人気記事です

日本の100億ドル規模の未来型スマートシティ。海外の反応

1.投稿者

日本の100億ドル規模の未来型スマートシティ

'Japan's $10 Billion Dollar Smart City Of The Future'















トヨタは、富士山の麓に100億ドル規模のスマートシティを建設しています。ウーブン・シティは、トヨタの従業員、エンジニア、科学者、研究者が住み、働くことのできる実験室となります。この最先端のスマートシティには、環境にやさしいスマートハウス、さまざまな種類のロボット、自律走行車などが導入されます。この都市は、3種類の異なる道路をシームレスに織り交ぜた独自のグリッドシステムで構築され、相互に連結したコミュニティを形成します。いくつかの道路は、トヨタのe-Paletteのような自律走行車専用に使用されます。その他の道路は、愛i WALKのような、歩行者や自転車、モビリティスクーターのための道路です。最後のタイプの道路は、歩行者のみが利用できるリニアパークになります。ウーブン・シティのスマートホームは、ロボットによって建設され、日本の伝統的な建築方法で組み立てられます。テクノロジーと自然との融合は、ウーブン・シティの主要なテーマです。セントラルプラザは、居住者が交流したり、買い物をしたりできる場所になります。テクノロジーの発達により、人間は外で過ごす時間が減り、オンラインで過ごす時間が増えていますが、デザイナーは、ウーブンシティのセントラルプラザを、人間同士のつながりを前面に押し出した新しいタイプの街の広場にしたいと考えています。ウーブン・シティの地下交通システム「マターネット」は、トヨタのロボット「マイクロパレット」を使って、人々の家に直接食品やその他の商品を届けることができます。ここでは、ウーブン・シティがどのようなものになるかをご紹介します。バーチャルツアーに参加する準備はできていますか?トヨタの「ウーブンシティ」についてもっと知りたい方は、ぜひご覧ください。







'Toyota is building a $10 billion smart city at the base of Mount Fuji. Woven City will be a living laboratory where Toyota employees, engineers, scientists, and researchers can live and work. The state-of-the-art smart city will feature eco-friendly smart houses, numerous types of robots, and autonomous vehicles. The city will be built on a unique grid system with three different types of roads seamlessly weaved together to create an interconnected community. Some roads will be used exclusively by autonomous vehicles like the Toyota e-Palette. Other roads will be for pedestrians and people on bicycles and mobility scooters like the Toyota i Walk. The final type of road will be a linear park that can only be used by pedestrians. The smart homes in Woven City will be built by robots and put together using traditional Japanese construction methods. Combining technology with nature will be a major theme in Woven City. The Central Plaza will be a place where residents can socialize and shop. Technology has resulted in humans spending less time outside and more time online, but designers want to make Woven City’s Central Plaza a new type of town square where residents can bring human connectivity to the forefront. Woven City's underground transport system called matternet can be used to deliver food and other goods directly to people's homes using Toyota Micro-Palette robots. Here’s a look at what Woven City will look like. Are you ready for a virtual tour? Keep watching to learn more about Toyota's Woven City. '


  • 2021年07月29日 19時:00分  
  • タグ
  • 中国 

中国のエセ金持ち、お金の使い方|中国のお金はどこへ行くのか?海外の反応

1.投稿者

中国のエセ金持ち、お金の使い方|中国のお金はどこへ行くのか?|

'Fake Rich of China, It Spends Money This Way| Where China's Money Is Really Going? |'















華やかな花火、盛大なパーティー、軍用機のパフォーマンス、天安門広場に飛来する10万羽の平和の鳩、全国各地で行われた「党に歌を」フラッシュモブなど、今回の中国共産党創立100周年記念式典は、その豪華さに驚かされたことは間違いない。このような壮大なスペクタクルが、すべてお金から生まれていることは明らかです。
中国共産党のメディアが発表した情報をもとに計算すると、党の祝賀会には22億2000万ドル以上の費用がかかっている。
2001年に中国が世界貿易機関(WTO)に加盟して以来、経済は急速に発展し、社会の豊かさも増し、2010年以降、中国のGDPは日本を抜いて米国に次ぐ世界第2位の経済大国となった。しかし、大多数の国民はこの社会的富の急成長の恩恵をほとんど受けておらず、ほとんどの中国人はいまだに生活の苦しさにため息をついており、所得の高い中間層でも生活の負担はますます重くなっているのが現状です。
では、世界第2位の経済大国のお金はどこに行ったのでしょうか?







'From the gorgeous fireworks, the grand parties, the military aircraft performances, the 100,000 peace doves flying in Tiananmen Square, and the "Sing a Song to the Party" flash mobs held across the country, it’s evident the recent centennial celebration of the Communist Party of China was astonishing in its extravagance. It’s obvious that such a grand spectacle all comes from money.
According to a calculation based on information released by the CCP media, the party celebration spent over 2.22 billion USD.
Since China's entry to the World Trade Organization in 2001, the economy has been developing rapidly and social wealth has been increasing, with China's GDP surpassing Japan to become the world's second-largest economy after the United States since 2010. However, the majority of the people have rarely benefited from this rapid growth in social wealth, and most Chinese still sigh about the hardships of life, and even the middle class with higher incomes are bearing an increasingly heavy burden of living.
So where did all the money of the world's second-largest economy go?'


ドミノロボットの世界記録(24時間で10万個のドミノ倒し)。海外の反応

1.投稿者

ドミノロボットの世界記録(24時間で10万個のドミノ倒し)

'World Record Domino Robot (100k dominoes in 24hrs)'














5年間の開発期間を経て、ようやくリリースできて嬉しいです :)







'Happy to finally release this one after 5 years of development :)'


マイクロソフトがWindowsでアップルやグーグルに勝ち続ける理由。海外の反応

1.投稿者

マイクロソフトがWindowsでアップルやグーグルに勝ち続ける理由

'Why Microsoft keeps beating Apple and Google with Windows'















1985年にデビューしたMicrosoft Windowsは、過去20年間、世界中で圧倒的なシェアを誇るPC用OSです。ガートナー社によると、2020年の出荷台数シェアは、Windowsが約83%、Google Chrome OSが10%、AppleのMac OSが7%となっています。
ソリティアから、象徴的なスタートボタンや起動音、生産性向上アプリ、ゲーム、企業向けコンピューティングまで、Windowsはコンピューターの使い方を変えました。伝説的なWindows 95は、パーソナル・コンピューティングの市場を支配する原動力となりました。マイクロソフトは創業以来、多くのバージョンのWindowsを発表してきましたが、中には記憶に残るものもありました。また、IBM、Apple、Googleなどと市場を争ってきました。マイクロソフトによると、Windows 10を搭載しているデバイスは、全世界で月に13億台を超えています。
現在、Windowsはマイクロソフトのビジネスの14%を占めるに過ぎませんが、依然として重要な役割を担っています。同社は、最新バージョンのWindows 11を発表したばかりです。
CNBCは、テリー・マイヤーソン、マイケル・チェリー、ブラッド・シルバーバーグ、タンディ・トローアといった元マイクロソフト社員に話を聞き、30年以上にわたるWindowsの歴史を振り返ってもらいました。







'Microsoft Windows debuted in 1985 and for the past two decades it has been the dominant PC operating system worldwide. In 2020, Windows had almost 83% market share by unit shipments, while Google Chrome OS had 10% and Apple’s Mac OS had 7%, according to Gartner.
From solitaire to its iconic start button and start up sounds, productivity apps, gaming and corporate computing, Windows changed the way we use computers. The legendary Windows 95 helped propel the company to dominate the market in personal computing. Microsoft has introduced many versions of Windows since its inception with some more memorable than others. It’s competed with IBM, Apple, and Google for market space. According to Microsoft, there are more than 1.3 billion devices running Windows 10 worldwide on a monthly basis.
Today, Windows only makes up 14% of Microsoft’s business but remains a critical part of it. The company just announced the latest version Windows 11.
CNBC spoke with former Microsoft employees including Terry Myerson, Michael Cherry, Brad Silverberg and Tandy Trower to get a look back at over three decades of Windows.'


アニメで日本語をマスターする方法。海外の反応

1.投稿者

アニメを見て完璧な日本語を話す白人男性。その学習方法をご紹介します。

'White Guy Speaks Perfect Japanese from watching Anime. Here's how he did it.'