最新記事
海外「あれだけ巨大なガンダムが実際に動いている!ファンタスティック!」日本の技術を世界が絶賛! Jan 17, 2022
海外「日本のアニメ映画の勢いが凄い」呪術廻戦0興行収入に外国人が驚愕! Jan 16, 2022
海外「日本人の発想は凄い!」新宿3D猫のテレポート移動に外国人が賞賛! Jan 15, 2022
海外「どうして日本にはクールな木があるんだ!」藤の花の美しさに外国人が感激! Jan 14, 2022
海外「横浜の巨大なガンダムが凄すぎる!ファンタスティック!」日本の技術を世界が絶賛! Jan 13, 2022
海外「ダースベイダーをはじめ『スターウォーズ』の多くは日本の影響で生まれた名作だ!」ハリウッド映画への日本の影響が評価される! Jan 12, 2022
海外「日本のアイドルビジネスやばすぎ!これに文句言うなよwwww」AKB48の動画が今でも外国人に話題にwwww Jan 11, 2022
海外「ワオ!日本にはこんな凄いガールズバーがあるのか!」マッスルガールバーがヤバいと外国人も驚愕wwwwww Jan 11, 2022
海外「アフリカの黒人奴隷でも日本ではサムライになれるんだ!」織田信長に仕えた弥助が外国人にも話題に! Jan 10, 2022
海外「クロサワ映画が世界に影響を与えた!」1960年の黒澤明と三船敏郎の姿が大反響! Jan 09, 2022
海外「日本人は電車を待つ姿も美しい!」この一枚の写真が素晴らしいと外国人にも話題に! Jan 08, 2022
海外「日本語は奥が深い」アリアナ・グランデが入れた漢字タトゥーで思わぬ展開に! Jan 08, 2022
海外「20年前に伝説のゲームが日本で生まれたんだよ!」ゲーム界で常に世界をリードする日本を外国人が絶賛! Jan 07, 2022
海外「日本の高校サッカーは面白い!」流通経済大柏の奇抜なPKに興味津々! Jan 07, 2022
海外「日本の全米バスケットボール選手権の応援の仕方が斬新だwww」カップヌードルの日清の後援方法が外国人にも話題にwwww Jan 06, 2022
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

おすすめ韓国の反応
おすすめ海外の反応①
おすすめ海外の反応②
本日、最も読まれている人気記事です

@テスラのAIロボットを確認!@海外の反応

投稿者

テスラのAIロボットが確認された

'Tesla AI Robot CONFIRMED'






AI DayでTeslaの新型Tesla BotがDojo Computerとともに公開されるなど、盛りだくさんの内容です!

'Tesla's new Tesla Bot revealed at AI Day along with Dojo Computer, and much more!'

@ビル・ゲイツが農地を買い漁るわけ@海外の反応

投稿者

ビル・ゲイツが米国の農地を買い漁る理由

'Why Bill Gates Is Buying Up U.S. Farmland'






「ビル・ゲイツが米国最大の個人農地所有者になったことで話題になりましたが、彼だけではありません。ジェフ・ベゾス、ジョン・マローン、トーマス・ピーターフィなどの大富豪たちが、全米の森林、牧場、農地を買い集めています。なぜ?その理由をビデオでご覧ください。


'Bill Gates made headlines for becoming the largest private farmland owner in the U.S. But he’s not the only one. Some of the wealthiest landowners including Jeff Bezos, John Malone and Thomas Peterffy are buying up forests, ranches and farmlands across the United States. Why? Watch the video to find out.
'

@文化は人間だけのもの?@海外の反応

投稿者

自然の中で文化を持つ動物は人間だけなのか?

'Are Humans the Only Animals That Have Culture? | IN OUR NATURE'






一見、馴染みのない生態系でも、意外なところでつながっていることがあります。この特別限定シリーズでは、エミリー・グラスリーとトレース・ドミンゲスが、地球上の生物システムを結びつける普遍的な生命のルールを探ります。第2話では、アフリカのセレンゲティ平原に生息するゾウの複雑な家族関係と、ゾウが共有する知識がどのようにゾウの生存に役立っているのかを調べます。第2話では、アフリカのセレンゲティ平原に生息するゾウの複雑な家族関係と、ゾウが共有する知識がゾウの生存にどのように役立っているかを調べます。動物の世界では、文化はどのくらいあるのでしょうか?そして、それは種の存続にどのような役割を果たしているのでしょうか?

'Seemingly distant ecosystems, even half a world apart, are connected in surprising ways. In this special limited series, Emily Graslie and Trace Dominguez join me as we explore the universal rules of life that tie together Earth’s living systems. In episode 2, we study the complex family relationships of elephants in Africa’s Serengeti plains and how their shared knowledge can help them survive. Then we travel to San Francisco to discover how the intricate songs of birds have changed in the face of our own culture. How common is culture in the animal kingdom? And what role does it play in the survival of species?'

@指名手配:カルロス・ゴーン@海外の反応

投稿者

日産のCEOは今や指名手配中の犯罪者

'Nissan's CEO Is Now A Wanted Criminal'






カルロス・ゴーン、通称 "コストカッター"は、ルノー、ミシュラン、三菱といった巨大企業とともに日産を復活させた世界的に有名なCEOです。しかし、最近ではその成功よりも、日産の財務スキャンダルで逮捕され、最終的には日本から逃亡したことのほうが知られています。ゴーン氏が本当に日本政府が言うような犯罪者なのか、あるいは彼の逮捕の裏には本当に陰謀があるのか、彼の経歴を見てみましょう。

'Carlos Ghosn aka 'Le Cost Killer" is the world-renowned CEO who brought Nissan back from the grave, along with other giants like Renault, Michelin, and Mitsubishi. But these days he is less known for his successes and more known for his financial scandals at Nissan that led to his arrest, and his eventual escape from Japan. Let's take a look at Ghosn's career and see if he truly is the criminal that the Japanese government is making him out to be, or if there really is a conspiracy behind his arrest. '

@あなたの仕事に未来はある?@海外の反応

投稿者

あなたの仕事は将来性がある?

'Is Your Job Future-Proof?'






AIや機械学習は、これまで考えられなかったような分野にも進出しています... あなたの仕事にもロボットがやってくるかも?

'AI and machine learning are making inroads into fields never thought possible... Are robots coming for YOUR job?'

  • 2021年09月03日 10時:00分  
  • タグ
  • 中国 

@中国語でしゃべってみた@海外の反応

投稿者

中国語を知らなければ、中国を知ることはできない!

'IF YOU DON’T KNOW CHINESE, YOU CANNOT KNOW CHINA!'






中国語を完璧に理解していなくても、中国を理解することはできると思います...そして、それを中国語で行うというのは面白いと思いました。このエピソードを使って、ビデオへの情熱と中国語をもっとうまく学びたいという願望を融合させ、個人的な言語学習を推し進めようとしたのです。このエピソードの約60%は私がよく知っている中国語で、約40%は新しい文法を加えています。これは、私の中国語が完璧であることを証明しようとしているわけではありません・・・。しかし、これは私が中国をどのように理解しているかという考えを表現し、さらにもう少し学ぶための方法なのです。

'I thought it would be interesting to talk about how I think you can understand china without necessarily having a perfect understanding of the language… and do it in Chinese. I actually used this episode to try to push my personal learning of the language, merging my passion for video with my desire to learn better Chinese. About 60% of this episode was Chinese I am pretty familiar with while adding about 40% new grammar. This is not an attempt to prove my Chinese is perfect… it is not. But it is a way I can express the idea of how I understand China and also learn a bit more.'

  • 2021年09月03日 08時:00分  
  • タグ
  • 中国 

@中国、オンラインゲームを週3時間に制限@海外の反応

投稿者

中国、オンラインゲームを週3時間に制限

'China restricts online gaming to 3 hours per week'






中国では、子どもたちがオンライン・ビデオゲームをプレイできる時間を週に3時間に制限しています。当局の発表によると、18歳未満の者がプレイできるのは、金曜日と週末の午後8時から9時の間だけだそうです。ゲーム会社はこのルールを実施することが期待されています。

'China is restricting the time children are allowed to play online video games to three hours a week. Authorities say those under 18 can only play between 8 pm and 9 pm on Fridays and the weekend. Gaming companies are expected to enforce these rules.'

  • 2021年09月03日 06時:00分  
  • タグ
  • 中国 

@蘇る中国のゴーストシティ@海外の反応

投稿者

中国の "ゴーストシティ "に生命の息吹を感じる

'China’s ‘Ghost Cities’ Show Signs of Life'






Sep.01 -- 中国の「ゴーストシティ」と呼ばれる都市に、ようやく活気が戻ってきた。10年前には、これらの広大な新都市の写真には、新しい都市部で建物の建設ペースが新しい住民の入居ペースを上回っていたため、空っぽのアパートタワーや不毛の大通りが見られた。

'Sep.01 -- China’s so-called “Ghost Cities” are finally showing signs of life. A decade ago, pictures of these vast, new urban districts showed empty apartments towers and barren broad boulevards as the pace of building outstripped the rate of new residents moving in.'