最新記事
海外「あれだけ巨大なガンダムが実際に動いている!ファンタスティック!」日本の技術を世界が絶賛! Jan 17, 2022
海外「日本のアニメ映画の勢いが凄い」呪術廻戦0興行収入に外国人が驚愕! Jan 16, 2022
海外「日本人の発想は凄い!」新宿3D猫のテレポート移動に外国人が賞賛! Jan 15, 2022
海外「どうして日本にはクールな木があるんだ!」藤の花の美しさに外国人が感激! Jan 14, 2022
海外「横浜の巨大なガンダムが凄すぎる!ファンタスティック!」日本の技術を世界が絶賛! Jan 13, 2022
海外「ダースベイダーをはじめ『スターウォーズ』の多くは日本の影響で生まれた名作だ!」ハリウッド映画への日本の影響が評価される! Jan 12, 2022
海外「日本のアイドルビジネスやばすぎ!これに文句言うなよwwww」AKB48の動画が今でも外国人に話題にwwww Jan 11, 2022
海外「ワオ!日本にはこんな凄いガールズバーがあるのか!」マッスルガールバーがヤバいと外国人も驚愕wwwwww Jan 11, 2022
海外「アフリカの黒人奴隷でも日本ではサムライになれるんだ!」織田信長に仕えた弥助が外国人にも話題に! Jan 10, 2022
海外「クロサワ映画が世界に影響を与えた!」1960年の黒澤明と三船敏郎の姿が大反響! Jan 09, 2022
海外「日本人は電車を待つ姿も美しい!」この一枚の写真が素晴らしいと外国人にも話題に! Jan 08, 2022
海外「日本語は奥が深い」アリアナ・グランデが入れた漢字タトゥーで思わぬ展開に! Jan 08, 2022
海外「20年前に伝説のゲームが日本で生まれたんだよ!」ゲーム界で常に世界をリードする日本を外国人が絶賛! Jan 07, 2022
海外「日本の高校サッカーは面白い!」流通経済大柏の奇抜なPKに興味津々! Jan 07, 2022
海外「日本の全米バスケットボール選手権の応援の仕方が斬新だwww」カップヌードルの日清の後援方法が外国人にも話題にwwww Jan 06, 2022
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

おすすめ韓国の反応
おすすめ海外の反応①
おすすめ海外の反応②
本日、最も読まれている人気記事です
  • 2021年09月23日 21時:00分  
  • タグ
  • 中国 

@まさに予言?恒大集団破綻の4週前に投稿された動画が的確すぎてリピーター続出@海外の反応

投稿者

中国の債務危機を心配すべき理由

'Why You Should Be Worried About China's Debt Crisis'






中国の債務危機は想像以上に深刻です。その理由はこちら。

'China's debt crisis is worse than anyone thought. Here's why.'

@80年前に造られた超大型探検車の栄光と失墜。無知と短納期はロクな結果を生まない@海外の反応

投稿者

南極の雪上探検車に何が起こったのか?

'What Happened To The Antarctic Snow Cruiser?'






全長17メートル、全幅6メートル、重量3万4,000キログラムを超える「南極雪上車」は、これまでに見たことのない探査車である。地球上で最も困難で人を寄せ付けない場所に挑むために設計され、5人の探検家がこの機械の中で寝食を共にしながら、南極大陸の未知の地域へと足を踏み入れる。1年分の食料、燃料、物資を搭載し、最新の測量機器や工具も搭載する。この巨大な陸のクルーザーには、屋根に係留された測量機も搭載されていた。 1939年には、南極大陸の領有権をめぐる世界的な競争が始まった。氷の下に莫大な石油、石炭、鉱物の埋蔵量があると見込まれ、ノルウェー、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドが南極大陸の大部分の領有権を主張していた。領有権の主張に危機感を抱いたアメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領は、「アメリカ南極観測隊」を設立した。1939年秋に南極大陸に向けて出航した。 南極雪上船には特別な役割があった。その目的は、南極点に到達することである(1939年以前に南極点に足を踏み入れたのは、これまでに2回しかなかった)。数ヶ月の旅の間に、スノークルーザーとその航空機はコースに沿って調査を行い、わずか数ヶ月の間に、アメリカ人はそれまでのすべての探検隊を合わせたよりも多くの南極大陸を探索することを期待していた。この野心的な取り組みは、アメリカが南極大陸の領有権を確立するのに役立つだろう。 しかし、1939年秋までに南極へ出発するためには、雪上車はわずか11週間で建造しなければならなかった。このような野心的な初の機械にしては、信じられないほど短い期間であった。しかし、このクルーザーは、過剰な設計と十分なテストが行われていないことが明らかになり、設計は極めて楽観的なものになってしまっていた。

'Seventeen meters long, six meters wide, and weighing more than 34,000 kg, the Antarctic Snow Cruiser was unlike any exploration vehicle the world had ever seen. Designed to tackle the most difficult and inhospitable place on earth, five explorers would live, work and sleep aboard the machine in isolation while they ventured into uncharted regions of Antarctica. Equipped with enough food, fuel and supplies to last an entire year, the Snow Cruiser would carry the latest surveying instruments and tools. The enormous land cruiser would even carry a survey aircraft moored to its roof. By 1939 a global race was underway to claim portions of Antarctica. With the prospect of huge oil, coal and mineral reserves under the ice, Norway, Britain, France, Germany, Australia and New Zealand had all claimed large portions of the continent for themselves. Alarmed at the prospect of territorial claims, U.S. president Franklin Roosevelt established the U.S. Antarctic Service Expedition. It would be the first U.S. government sponsored expedition in decades, and would set sail for Antarctica in the fall of 1939. The Antarctic Snow Cruiser would have a special role to play. Its main objective would be to reach the South Pole (only two prior expeditions had ever set foot on the South Pole prior to 1939). During its months-long trek, the Snow Cruiser and it’s aircraft would make surveys along its course, and in just a few months the Americans were expecting to explore more of Antarctica than all previous expeditions combined. The ambitious effort would help the Americans establish their own territorial claim on the continent. But in the race to leave for Antarctica by the fall of 1939, the Snow Cruiser would have to be constructed in just 11 weeks, an incredibly short amount of time for such an ambitious, first of its kind machine. Soon, it would become abundantly clear that the Cruiser had been over-designed and under-tested, with extreme optimism seemingly guiding it’s design. '

@これぞ自由の国!宝島社の意見広告を凌駕する大胆な看板に拍手喝采@海外の反応

投稿者

ヨーク郡のI-83上にあるジョー・バイデン・タリバンの広告塔は誰の責任?

'Who's responsible for the Joe Biden Taliban billboard over I-83 in York County?'






最近、ヨーク郡の州間高速道路83号線を車で走っている人は、「Making the Taliban Great Again」というフレーズとともに、軍服を着たジョー・バイデン大統領を描いた巨大なビルボードを目にしたことがあるかもしれません。

'If you've driven along Interstate 83 in York County lately, chances are you've seen a giant billboard that features President Joe Biden in a military outfit along with the phrase "Making the Taliban Great Again."'

@もはや神業!そして伝説へ・・・プリンターのように精密な画を2枚同時に描いてみた@海外の反応

投稿者

プリンターのように描く LEVEL 2 - ロナウドとメッシを描く

'Draw Like A Printer LEVEL 2 - Drawing Ronaldo vs Messi'






2年前、プリンターのような絵を描くことに挑戦しましたが、今日は難易度を何倍にも上げて、ロナウドとメッシを同時に描きました。

'Two years ago, I took on the challenge of drawing like a printer, and today i increase the difficulty level many times, draw Ronaldo and Messi at the same time . '