最新記事
海外「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが凄く楽しそう…」USJの新エリアに外国人が興味津々! Jan 26, 2022
海外日本の渡航禁止令は2月末ってマジかよ・・・」日本に行きたい外国人が現状に関して賛否両論・・・ Jan 25, 2022
海外「日本の花火は本当に素晴らしい…」日本の花火文化と職人芸が海外絶賛! Jan 24, 2022
海外「日本が考えた有能な暖房器具」伝統的な暖房、こたつに感嘆の声! Jan 23, 2022
海外「1932年日本人が考えたアメリカのイメージw」ロサンゼルス五輪の日本人向け観光地図に興味津々! Jan 22, 2022
海外「日本人は仕事が早い!」日本の道路修理の丁寧さに外国人から驚きの声! Jan 21, 2022
海外「三豊の花畑が美しすぎる…これは生きているうちに行ってみたい!」三豊フラワーパーク浦島の花畑に感動! Jan 20, 2022
海外「日本人のマナーはなんて凄いんだ!海外じゃあり得ないよ!」日本の規律なマナーが海外で話題! Jan 19, 2022
海外「今の京都駅はなんて魅力的なんだ!行ってみたいよ!」京都駅玄関ホールが外国人にも人気! Jan 18, 2022
海外「あれだけ巨大なガンダムが実際に動いている!ファンタスティック!」日本の技術を世界が絶賛! Jan 17, 2022
海外「日本のアニメ映画の勢いが凄い」呪術廻戦0興行収入に外国人が驚愕! Jan 16, 2022
海外「日本人の発想は凄い!」新宿3D猫のテレポート移動に外国人が賞賛! Jan 15, 2022
海外「どうして日本にはクールな木があるんだ!」藤の花の美しさに外国人が感激! Jan 14, 2022
海外「横浜の巨大なガンダムが凄すぎる!ファンタスティック!」日本の技術を世界が絶賛! Jan 13, 2022
海外「ダースベイダーをはじめ『スターウォーズ』の多くは日本の影響で生まれた名作だ!」ハリウッド映画への日本の影響が評価される! Jan 12, 2022
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

おすすめ韓国の反応
おすすめ海外の反応①
おすすめ海外の反応②
本日、最も読まれている人気記事です

@ファイザーとワクチンを共同開発したBioNTech社とは?ガン免疫治療薬からコロナワクチンが誕生@海外の反応

投稿者

バイオンテック社はどのようにしてがん研究を利用してCovidワクチンを作ったか

'How BioNTech Used Cancer Research To Create Its Covid Vaccine'






世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的大流行)を正式に宣言する1カ月半以上前、バイオンテック社のCEOであるUğurŞahin氏は、妻でありバイオンテック社の共同設立者でチーフメディカルオフィサーのÖzlem Türeci氏と会い、会社のリソースのほとんどをワクチン開発に振り向けることで合意しました。それまでのバイオンテック社は、国際的にはあまり知られておらず、主に新規のがん治療薬の開発に注力していました。

創業者たちは、強力な免疫反応を引き起こすことができるmRNA技術の可能性に自信を持っていました。しかし、その自信は、必ずしも医学界全体で共有されているわけではありませんでした。これまで、mRNAを用いたワクチンや治療法は承認されていなかったからです。しかし、2人のタイムリーなブレークスルーは、実は何十年も前に実現していたのです。


'Over a month and a half before the World Health Organization officially declared a pandemic, BioNTech CEO Uğur Şahin met with his wife, BioNTech’s co-founder and chief medical officer Özlem Türeci, and together they agreed to redirect most of the company’s resources to developing a vaccine. Up until that point, BioNTech was little-known internationally and primarily focused on developing novel cancer treatments.

The founders were confident in the potential of their mRNA technology, which they knew could trigger a powerful immune response. That confidence wasn’t necessarily shared by the broader medical community. No mRNA vaccine or treatment had ever been approved before. But the couple’s timely breakthrough was actually decades in the making.'

@学生の早起きは百害あって一利なし?学校は生徒の脳を破壊してる?その内容に賛同コメント多数@海外の反応

投稿者

学校はあなたの脳をゆっくりと破壊している?

'Is School Slowly Destroying Your Brain?'






学校へ:あなたは生徒を傷つけています。やめてください。

'Dear schools: you're hurting your students. Please stop!'

@チタンでKATANAを作ってみた!?果たしてその切れ味のほどは?@海外の反応

投稿者

チタンでKATANAを作る - 私がチタンで刀を作った方法

'Making a KATANA out of Titanium - How I made Katana sword from Titanium'






チタンでカタナを作るとか、チタンでカタナの剣をどうやって作ったのかとか、正直、私自身、タイトルが決まりませんでした。
この問題は、ビデオを見た後で意見を交わす、視聴者の判断に任せることにします。


'Making a Katana from titanium or how I made a Katana sword from titanium, to be honest, I myself did not figure out the name.
I'll leave this question to the viewer's judgment, to share your opinion after watching the video.'

@プーチン大統領が「中国の台湾侵攻はありえない」と語るその真意は?中国は武力を用いずに台湾を統一できるのか@海外の反応

投稿者

プーチン大統領、台湾について「中国は武力を行使する必要はない」と発言

'President Putin on Taiwan: 'China does not need to use force''






ロシアのプーチン大統領は、水曜日にモスクワで開催されたRussian Energy Week会議でCNBCのHadley Gambleとのインタビューに応じ、平和的統一の可能性を示唆した習近平の発言や中国の「国家の哲学」を指摘し、軍事的対立の脅威がないことを示唆しました。

'Speaking to CNBC's Hadley Gamble at the Russian Energy Week conference in Moscow Wednesday, Russian President Vladimir Putin pointed to Xi's comments suggesting the possibility of a peaceful unification, and China's "philosophy of statehood," to suggest that there is no threat of military confrontation.'

  • 2021年10月29日 21時:00分  
  • タグ
  • 中国 

@中国の完全監視社会は是か非か?巨大なデジタル監視システムの実態に迫る見応えあるドキュメンタリー@海外の反応

投稿者

中国-監視国家か、未来への道か?

'China - Surveillance state or way of the future?'






中国は、巨大なデジタル監視システムを構築しています。国家は協力的な市民から大量のデータを収集しています。メリットは実用的で、ルールを守る人は報われます。 評論家はこれを "人類史上最も野心的なオーウェル的プロジェクト "と呼んでいます。中国のデジタル監視システムでは、膨大な量のデータが国家によって収集されます。例えば、上海のいわゆる「頭脳」では、当局がすべてを監視しています。巨大なスクリーンに映し出された約100万台のカメラを切り替えて、居眠り運転やゴミのポイ捨て、コロナウイルスの規制に従わない人などを見つけ出すことができます。「脳」の設計に携わったSheng Dandanは、「私たちは、人々がこの街に好感を持ち、この街が非常に安全であると感じてほしいのです」と語ります。調査によると、中国の多くの市民は、リスクよりもメリットを重視する傾向にあるようです。アルゴリズムが顔や話し方、歩き方までもすべての市民を識別できるようになれば、法を犯したり悪さをしたりする人にはチャンスがなくなります。スマートフォンがあればどんなことでもできますし、ルールを守れば社会的な評価システムによってネット上での割引が受けられるなど、非常に便利です。 中国に限らず、ビッグデータの魅力はそこにあります。しかし、必要なデータはどこから来るのでしょうか?誰がそれを所有し、誰がそれを使用することができるのか?社会的価値を犠牲にしてまでこのようなテクノロジーに取り組むのか、それとも無視して世界中の人々がルールを決めるのを許すのか、欧米諸国が直面している課題でもあります。

'China is building a huge digital surveillance system. The state collects massive amounts of data from willing citizens: the benefits are practical, and people who play by the rules are rewarded. Critics call it "the most ambitious Orwellian project in human history." China's digital surveillance system involves massive amounts of data being gathered by the state. In the so-called "brain" of Shanghai, for example, authorities have an eye on everything. On huge screens, they can switch to any of the approximately one million cameras, to find out who’s falling asleep behind the wheel, or littering, or not following Coronavirus regulations. "We want people to feel good here, to feel that the city is very safe," says Sheng Dandan, who helped design the "brain." Surveys suggest that most Chinese citizens are inclined to see benefits as opposed to risks: if algorithms can identify every citizen by their face, speech and even the way they walk, those breaking the law or behaving badly will have no chance. It’s incredibly convenient: a smartphone can be used to accomplish just about any task, and playing by the rules leads to online discounts thanks to a social rating system. That's what makes Big Data so attractive, and not just in China. But where does the required data come from? Who owns it, and who is allowed to use it? The choice facing the Western world is whether to engage with such technology at the expense of social values, or ignore it, allowing others around the world to set the rules.'

@「メタ」になったFacebookの最新情報が11分でわかる!さて、このザッカーバーグは現実か仮想か?@海外の反応

投稿者

11分に凝縮!フェイスブックが明らかにしたメタバースのすべて

'Everything Facebook revealed about the Metaverse in 11 minutes'






マーク・ザッカーバーグは、Facebook Connectにおいて、新しい社名「Meta」と、同社が将来に向けて開発している新しいVRおよびAR技術を明らかにしました。

'At Facebook Connect, Mark Zuckerberg revealed a new company name, Meta, plus new VR and AR technologies the company is developing for the future.'

@アフリカの鉄道に長く投資し続ける中国!その本当の狙いは?コメントは中国歓迎の意見多数@海外の反応

投稿者

なぜ中国はアフリカの鉄道を建設するのか

'Why China is Building Africa’s Railways'






アフリカは鉄道ルネッサンスの真っ只中にあり、その大部分は中国によって建設されています。

'Africa is in the midst of a railway renaissance, and it’s being built in large part by China.'

@ワクチン2回射ったけど、結局ワクチンの効果って自然免疫と比べてどうなの?についてドクターが解説してみた@海外の反応

投稿者

自然免疫とワクチン免疫の比較

'Natural versus vaccine immunity'






感染後の自然免疫について、議論とワクチン接種義務化への影響

'Post infection natural immunity, debate and implications for mandatory vaccination'

@銀行口座があれば簡単に稼げる?SNSを使った資金洗浄の実態に迫るドキュメンタリー@海外の反応

投稿者

スナップチャットやインスタグラムでマネーロンダリングをする人が急増

'The Rise of Money Launderers on Snapchat and Instagram'






ロンドン、バーミンガム、マンチェスターなどの都市では、マネーミュール(お金の運び屋)を使った資金洗浄が盛んに行われています。若くて弱い立場にある人々が、犯罪者にソーシャルメディアで説得され、個人の銀行口座を使って不正な収入を受け取ったり送ったりします。しかし、このような犯罪に巻き込まれた場合、金融システムから締め出されたり、刑務所に収監されたりするなど、深刻な事態に陥る可能性があります。この犯罪はいまだに多くの人に知られておらず、そのために多くの若者が無防備な状態に置かれています。 VICEは、この新しいブームの犯罪を調査し、勧誘者、警察、そしてうっかり巻き込まれてしまった人々に会ってきました。

'Gangs are always looking for new ways to launder their money, and in cities like London, Birmingham and Manchester, using money mules has become one of their favorite methods. Young and vulnerable people are convinced by criminals, often on social media, to let them use their personal bank accounts to receive and send on their illicit earnings. However, there can be serious consequences for those who get involved, from being locked out of the financial system, to even serving time in prison. This crime is still massively under-reported, which in part is what leaves many young people so vulnerable. VICE investigates this new and booming form of crime and meets the recruiters, the police, and people who have inadvertently got caught up in it. '

@マクドナルド対決!日本とアメリカのマクドナルドは何が違ってる??@海外の反応

投稿者

マクドナルド対決!アメリカ vs 日本

'US vs Japan McDonald's'






カロリー計算からポーションサイズまで、アメリカと日本のマクドナルドの違いを探ってみました。

'From calorie count to portion sizes, we wanted to find out all the differences between McDonald's in the US and Japan'