最新記事
海外「絶対これだな…アメリカ人にとっては重大な問題だよ」日本のどんなところが好き?(海外の反応) Dec 05, 2022
海外「壮観ですね…飛行機に乗るたびに見ていた景色が懐かしい」飛行機から見る富士山(海外の反応) Dec 05, 2022
海外「え?ガチのホテル?ホラーゲームのスクショじゃないの?」日本で実在するホテルです(海外の反応) Dec 04, 2022
海外「日本で一番好きな場所です!ここで生まれたかった」紅葉を見ながら過ごす日本の秋(海外の反応) Dec 04, 2022
海外「ああ、私は日本が大好きだ…大ファンなんだ」ワンダモーニングショットのコラボ缶(海外の反応) Dec 04, 2022
海外「ほ~んラノベ売上か…待って!7位どういう事??」今年のライトノベルベストセラーに異物が…(海外の反応) Dec 03, 2022
海外「100点満点です!日本は美しいですね…」日本の美しい風景(海外の反応) Dec 03, 2022
海外「かわいいですねー♪私もカスタードクリーム大好きですよ!」可愛いので食べるのが可哀相…(海外の反応) Dec 03, 2022
海外「ヴィーガンを馬鹿にすんなよwお前らが野菜や豆腐が嫌いなだけだろw」日本でもヴィーガンが増えてるらしい(海外の反応) Dec 02, 2022
海外「魔法少女かな?まさかロボットがこんなに可愛くなるなんて!」日本人アイドルがデコったガンプラが話題に(海外の反応) Dec 02, 2022
海外「帝国的なものを感じる…ダークサイドの影響を受けているのは間違いない」日本のとある建築物(海外の反応) Dec 01, 2022
海外「これは欲しい!家に1000%必要な家具だよ」ポケモンのビーズソファが日本で発売!(海外の反応) Dec 01, 2022
海外「温泉が恋しい…早く日本へ旅行したいです」箱根で紅葉の景色と温泉を楽しむ(海外の反応) Nov 30, 2022
海外「見てたら腹減ってきた…大阪が恋しい、また行きたい」大阪で食べ歩き(海外の反応) Nov 30, 2022
海外「大学で日本語を学ぼうとしましたが、大失敗でした…」日本語は独学で習得できるのか?(海外の反応) Nov 29, 2022
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

おすすめ韓国の反応
おすすめ海外の反応①
おすすめ海外の反応②
本日、最も読まれている人気記事です

@日本急襲の極秘任務とは?@海外の反応

投稿者

日本への極秘な片道任務

'The Secret One Way Mission to Strike Japan'






ドーリットル急襲者と呼ばれる80人の男たちは、秘密裏に訓練を受け、大胆なパイロットとその乗組員は、USSホーネットの飛行甲板からB-25を発進させ、不可能と言われたミッションに挑んだ。

海の上を平均200フィートの高度で飛行し、急襲者たちは皆、帰還できないかもしれないことを知っていた。燃料不足の中、ジミー・ドーリットル大佐と彼の部下たちは、日本に戦いを挑むために東京上空に雷を落とした。

この空襲は伝説となり、「Thirty Seconds Over Tokyo」は日本を根底から揺さぶり、今でも歴史上最も重要な爆撃機の空襲の一つと考えられています。


'These 80 men, dubbed the Doolittle Raiders, trained in secret, the daring pilots and their crews launched their B-25s off the flight deck of the USS Hornet, on what some said was an impossible mission.

Flying at an altitude averaging just 200 feet above the ocean, all the raiders knew that they may not return. Low on fuel, Col. Jimmy Doolittle and his men thundered into the skies over Tokyo to take the fight to Japan.

The raid became stuff of legend “Thirty Seconds Over Tokyo” shook Imperial Japan to its core and is still considered one of history’s most momentous bomber raid.'

途中ですがこちらもおすすめ
【海外の反応】


【おすすめ記事】

海外の名無しさん

ドリトル空襲は、アメリカの復讐方法の最良の例でしょう。どんなに愚かで大げさなことだとしても、それがいつ来るか、そしてすぐに来るかはわからない。


'The Doolittle raid is probably the best example of the US's way of vengeance. we dont care how stupid or bombastic it is, you know when it comes and it will come fast.'




海外の名無しさん

ドーリットル。"私には物理学がない、私には家族がある"


'Doolittle: “I have no physics, I have family”'




海外の名無しさん

片道切符のミッションをこなしたその根性に感謝します。敬意を表します。


'Appreciate the guts they had to do a one way mission, I salute them.'




海外の名無しさん

これらの歴史アニメはとても面白く、多くのことを教えてくれますね。


'These history animations are so interesting, they teach me a lot!'




海外の名無しさん

日本:アメリカは原爆を落とさない
ドーリットル:それは確かなのか?


'Japan: America won't been bomb us back
Doolittle: are you're sure about that'




海外の名無しさん

これを待ってたよ! 素晴らしい内容だ!!あ、あと0:25はゴジラのことを言っているのがわかった。

'I was waiting for this!
THE CONTENT IS AMAZING!!!
oh and also 0:25 I understand that Godzilla refrence'




海外の名無しさん

最大のダメージを与えることが目的ではなく、メッセージを送ることが目的だ。

'It's not about making the most damage, it's about sending a message'




海外の名無しさん

0:25 日本ではゴジラは普通に見られるし、安全だよ。

'0:25 yeah its normal to see Godzilla in japan perfectly safe'




海外の名無しさん

「遠すぎる。結局、東シナ海に落下することになるだろう。しかし、もし東京を爆撃すれば、日本史上初めて自国の領土を攻撃した敵となる。辞退したい者がいるなら、今がそのチャンスだ」。ジミー・ドゥーリトル

'"Too far. We'll probably end up ditching in the East China Sea. But if we bomb Tokyo, we'll be the first enemy in Japan's history to hit their home territory. If any of you want to bow out, now's your chance." Jimmy Doolittle'




海外の名無しさん

ちょっとしたことだが、収容されたクルーが「脱出」できたのは、基本的にはソ連が脱出させてくれたからだ。

'Just a little thing, the interned crew managed to "escape", basically because the Soviets let them escape.'




海外の名無しさん

空母の甲板からどうやってB25で離陸したか、いまだに理解できない。

'Still confuses me how he took off in a b25 from a carrier deck'




※翻訳元:
https://www.youtube.com/watch?v=5baV9Murxg0

今日のおすすめ記事


Twitterでつぶやく Google+でシェアする
はてなブックマークに追加 Facebookでシェアする

:いつもコメントを頂きありがとうございます。

コメントする