最新記事
@著名人の脱税方法を楽しく学べる?タックスヘイブン利用者をリークした「パンドラ文書」をわかりやすく解説してみた@海外の反応 Oct 19, 2021
@ついにターミネーターの世界が始まる?ロボット開発のトップリーダー、ボストンダイナミクス社の商業化へ向けた動きを追ってみた@海外の反応 Oct 19, 2021
@空を飛べる?水の上を歩ける?ホンモノの少林寺の僧侶がみんなの疑問に答えてみた@海外の反応 Oct 18, 2021
@痛みを感じない未来のワクチン注射!医療従事者以外にも欲しがる人続出しそう?@海外の反応 Oct 18, 2021
@マキタでやってみたい!葉っぱを掃除するリーフブロワーを自作飛行機のエンジンにして飛ばしてみた@海外の反応 Oct 17, 2021
@ミシュランも真似した?最新型のチューブレスタイヤをDIYしてみた!@海外の反応 Oct 17, 2021
@安い魚はどこから来てる?世界中で行われる違法漁業の実態に迫る渾身のドキュメンタリー@海外の反応 Oct 16, 2021
@すばらしい国を守れ!わずかな土地すらも奪わせるな!中国が国民の士気を高めるプロパガンダ動画を公開@海外の反応 Oct 16, 2021
@アトランティスのテーマパーク?ドバイが世界で一番深い豪華なプールを作ってみた@海外の反応 Oct 16, 2021
@世界最高の免疫システム!これを観たらあなたはインドに行きたくなる・・・か?@海外の反応 Oct 15, 2021
@中国の台湾侵略はノルマンディ上陸作戦?中国の軍事プランに批判コメント殺到中@海外の反応 Oct 15, 2021
@ティラノサウルスはやさしい恐竜だった?地球に埋もれた未知なる過去を空想してみた@海外の反応 Oct 15, 2021
@神様もコーラがお好き?病的なコーラ依存が多いメキシコから驚きの現地リポート!@海外の反応 Oct 14, 2021
@マリファナ合法化?ちょっとカンナビス行ってきまーす、と職場で会話する日が来るのか@海外の反応 Oct 14, 2021
@命がけの内部告発?中国の元警官が新疆ウイグル自治区での拷問を告白!コメント欄は別の意味で大荒れ@海外の反応 Oct 13, 2021
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

おすすめ韓国の反応
おすすめ海外の反応①
おすすめ海外の反応②
本日、最も読まれている人気記事です

@80年前に造られた超大型探検車の栄光と失墜。無知と短納期はロクな結果を生まない@海外の反応

投稿者

南極の雪上探検車に何が起こったのか?

'What Happened To The Antarctic Snow Cruiser?'






全長17メートル、全幅6メートル、重量3万4,000キログラムを超える「南極雪上車」は、これまでに見たことのない探査車である。地球上で最も困難で人を寄せ付けない場所に挑むために設計され、5人の探検家がこの機械の中で寝食を共にしながら、南極大陸の未知の地域へと足を踏み入れる。1年分の食料、燃料、物資を搭載し、最新の測量機器や工具も搭載する。この巨大な陸のクルーザーには、屋根に係留された測量機も搭載されていた。 1939年には、南極大陸の領有権をめぐる世界的な競争が始まった。氷の下に莫大な石油、石炭、鉱物の埋蔵量があると見込まれ、ノルウェー、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドが南極大陸の大部分の領有権を主張していた。領有権の主張に危機感を抱いたアメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領は、「アメリカ南極観測隊」を設立した。1939年秋に南極大陸に向けて出航した。 南極雪上船には特別な役割があった。その目的は、南極点に到達することである(1939年以前に南極点に足を踏み入れたのは、これまでに2回しかなかった)。数ヶ月の旅の間に、スノークルーザーとその航空機はコースに沿って調査を行い、わずか数ヶ月の間に、アメリカ人はそれまでのすべての探検隊を合わせたよりも多くの南極大陸を探索することを期待していた。この野心的な取り組みは、アメリカが南極大陸の領有権を確立するのに役立つだろう。 しかし、1939年秋までに南極へ出発するためには、雪上車はわずか11週間で建造しなければならなかった。このような野心的な初の機械にしては、信じられないほど短い期間であった。しかし、このクルーザーは、過剰な設計と十分なテストが行われていないことが明らかになり、設計は極めて楽観的なものになってしまっていた。

'Seventeen meters long, six meters wide, and weighing more than 34,000 kg, the Antarctic Snow Cruiser was unlike any exploration vehicle the world had ever seen. Designed to tackle the most difficult and inhospitable place on earth, five explorers would live, work and sleep aboard the machine in isolation while they ventured into uncharted regions of Antarctica. Equipped with enough food, fuel and supplies to last an entire year, the Snow Cruiser would carry the latest surveying instruments and tools. The enormous land cruiser would even carry a survey aircraft moored to its roof. By 1939 a global race was underway to claim portions of Antarctica. With the prospect of huge oil, coal and mineral reserves under the ice, Norway, Britain, France, Germany, Australia and New Zealand had all claimed large portions of the continent for themselves. Alarmed at the prospect of territorial claims, U.S. president Franklin Roosevelt established the U.S. Antarctic Service Expedition. It would be the first U.S. government sponsored expedition in decades, and would set sail for Antarctica in the fall of 1939. The Antarctic Snow Cruiser would have a special role to play. Its main objective would be to reach the South Pole (only two prior expeditions had ever set foot on the South Pole prior to 1939). During its months-long trek, the Snow Cruiser and it’s aircraft would make surveys along its course, and in just a few months the Americans were expecting to explore more of Antarctica than all previous expeditions combined. The ambitious effort would help the Americans establish their own territorial claim on the continent. But in the race to leave for Antarctica by the fall of 1939, the Snow Cruiser would have to be constructed in just 11 weeks, an incredibly short amount of time for such an ambitious, first of its kind machine. Soon, it would become abundantly clear that the Cruiser had been over-designed and under-tested, with extreme optimism seemingly guiding it’s design. '

途中ですがこちらもおすすめ
【海外の反応】


【おすすめ記事】

海外の名無しさん

「これだけの盛り上がりと話題性があれば、もう後戻りはできない」エンジニアなら誰もが怒りの声を上げるフレーズだ。

'"With so much excitementy and publicity, there was no turning back". The phrase that makes any and every engineer scream in rage.'




海外の名無しさん

今まで知らなかったことが恥ずかしい。80年前にあれほどセンセーショナルで広く知られていたことが、今ではほとんど忘れ去られている。人間の注意力はなんと短く、時間が私たちの生活を飲み込んでしまう。

'I feel ashamed of never hearing of this before. Something so sensational and wide known 80 years ago is almost completely forgotten today. How short the human attention span is, how quickly the time swallows our lives.'




海外の名無しさん

"深雪でも安心して走れる駆動系を設計する必要がある"
"巨大で滑らかなバルーンタイヤ"
まるで雪を見たことのないエンジニアのようだ。


'"We need to design this vehicle's drive system to be reliable in deep snow."
"Huge, smooth balloon tires!"
Its like the engineers have never seen snow in their lives.'




海外の名無しさん

「結局、南極スノークルーザーは、明らかに急いでサービスを開始し、その結果、過剰に設計され、十分にテストされていないマシンとなってしまった。極端な楽観主義が設計哲学であったようだ」。

ビデオゲームも同じような哲学で開発されているようですね。


'"In the end the antarctic snow cruiser had clearly been rushed into service, and the result was a machine that had been over designed and under tested. Extreme optimism had seemingly been it's design philosophy."

It seems like video games are being developed with the same philosophy lmao.'




海外の名無しさん

タイヤは雪の上に浮くように設計されていると思います。グリップ力のあるタイヤを履いていても、掘れば掘るほど車体が雪の上に乗ってしまうのです。求められたのは、このマシンを雪の上に浮かせることのできる、もっと太いタイヤだったのではないでしょうか。

'I assume the tires were designed to float on top of the snow. Having grippy tires may have just dug down and the chassis would be laying on top of the snow. What was probably needed was much wider tires that could actually float this machine on top of snow.'




海外の名無しさん

この車は、実際の大きさよりもはるかに大きく見える車の一つであり、すでに巨大であることを考えると感心してしまいます。
また、雪道を走ることを前提とした車両にスムースなタイヤを履かせることを誰が許可したのでしょうか?それは失敗したわけだ。


'This is one of those vehicles that looks way bigger than it really is, which is impressive considering it's already gigantic.
Also, who greenlit putting smooth tires on a vehicle that was supposed to traverse snowy terrain? No wonder it failed.'




海外の名無しさん

これで終わりではありません。誰かがこのデザインを復活させ、正当な評価をしてくれることを願っています。

'Dang that was anti-climactic. Wish someone would resurrect the design and give it a proper due'




海外の名無しさん

アメリカ人のエンジニアとして言うと、これはとてもアメリカ的だ。巨大で、大げさで、高く評価されているのに、まったく役に立たない。不可能を可能にしようとするとき、政府は実際にそれを実現するための設計を早く進めることを絶対的に好んでいる。

'Speaking as an American engineer, this thing is so American. Huge, bombastic, highly praised, and completely useless. When attempting to do the impossible, the government absolutely loves to fast-track the designs that would actually make it work.'




海外の名無しさん

私はグッドイヤーのビルに住んでいますが、この獣のタイヤの1つが玄関ホールに飾られている。とても巨大だよ

'I live in the Goodyear building and one of the tires for this beast sits in my hallway as decor! It’s huge'




海外の名無しさん

まるで『サンダーバード』に出てくるような車だ。
濡れた路面で滑っても不思議ではない - 10フィートの高さの細いスリックタイヤが付いているからね!!!


'It looks like something out of Thunderbirds!
I'm not surprised it slid off the road in wet conditions - it has ten foot high skinny slick tyres!!!'




海外の名無しさん

カナダ人として、あのタイヤを見てあんなに笑ったことはない。

'As a Canadian I never laughed so hard when I saw those tires.'




海外の名無しさん

"スムースタイヤの採用は、今にして思えば不可解"
私だったら、もう少し寛容な言い方をしたと思います。何というか、とんでもないことをしてしまった。エンジニアの世界でも、愚かさの母はしばしば妊娠しているものなのだ。


'"The decision to use smooth tyres is perplexing in hindsight"
I think I would have phrased that somewhat less forgivingly. What a monumental cock-up. Even in the engineering world, the mother of stupid is often pregnant.'




海外の名無しさん

ああ、これがトップギアの若者たちが作りたかったものなのか。

'Ahh, so this is what the lads at top gear were hoping to make'




海外の名無しさん

これは、政府が葬ったもので、学校では聞いたことがありません。彼らは時に自分たちがいかに無能であるかを認めたくないのだ。そのわずか2年後には、世界最大の戦争マシンを作ることができたというのだから、信じられない話だ。

'This is the kind of thing the government buried and we never heard about it in school. They don't like to admit how incompetent they are at times. Incredible that they were able to build the world's largest war machine just 2 years later.'




海外の名無しさん

この3Dモデルがいかに素晴らしいかを語るべきだよ。このアーティストはマジでうまい。

'We need to talk about how amazing these 3D models are. This artist is seriously good.'




海外の名無しさん

ついに、ディーゼル・エレクトリック・ハイブリッドが...。皮肉なことに、それは私が生まれるずっと前に実現していたということでしょう。ハイブリッド車が普及してから、なぜディーゼル・電気がないのかと思っていましたが...。

'Finally, a diesel electric hybrid... Ironically, I guess that means it was done well before I was born. I've been asking why no diesel/electric since hybrid vehicles became a thing...'




海外の名無しさん

アムンゼンが犬とそりで南極点に到達したという事実は、このアメリカの機械と比べても信じられない。

'The fact that Amundsen got to the south pole with dogs and a sled, is unbelievable, compared to this American machine.'




海外の名無しさん

これは行方不明ではなく、どこにあるかわかっています。割れた氷の塊の中で見られたもので、今は海の底にいると思われます。

'This thing isn’t missing, we know where it is. It was seen in a broken chunk of ice, it’s likely at the bottom of the ocean now.'




海外の名無しさん

この作品のビジュアルは最高です。見ているだけで楽しくなります。写真はどれも古くて粗いので、車の全体像を把握するのは難しいです。しかし、このビデオはその希望をかなえてくれました。素晴らしい作品です。

'The visuals in this are nuts ! Makes it a pleasure to watch. Always had an itch to see what it would look like rendered , the photos are all old and grainy, so it's hard to get a good feel of the vehicle as a whole. But this video definitely ticks that box. Great stuff'




海外の名無しさん

誰も聞いたことがないような、世界で最も偉大なエンジニアリングの伝説

'The world's greatest engineering legends none has ever heard of'




海外の名無しさん

税金を窓から放り出すのは、軍が身につけた技術だ。

'Throwing taxpayers' money out the window is an art that the military has learned to master.'




海外の名無しさん

このようなユニークな機械が捨てられてしまうのは悲しいことだ。ミュージアムで見てみたいよ。

'it's sad that all these unique machines get abandoned, i'd love to see them in a museum'




海外の名無しさん

この車は素晴らしいアイデアだと思います!急いではいましたが、もっと時間があり、もっと早く始めていれば、その名に恥じない素晴らしい車になっていたと思います。

'this vehicle looks and sounds like a great idea! terribly rushed but if they had lots more time and started it earlier, i believe this would be a fantastic vehicle that would live up to its name'




海外の名無しさん

アリゾナ州ツーソンにあるアベイション・ミュージアムの航空機保管庫に輸送され、20年以上保管されていたものです。整備されて新品同様になりました。2005年にはツアーに参加しました。

'It was shipped to the avation musem in Tucson, AZ, at the aircraft storage depot, its been there for over 20 years. Refurbished looks like new. Took the tour in 2005.'




海外の名無しさん

ロス棚氷は、英国の探検家ジェームズ・クラーク・ロスがH.M.S.エレバス号で初めて南極大陸に上陸したことにちなんで名付けられた。つまり、この試みの前に、少なくとも3回の探検が行われていたことになる。

'The Ross Ice Shelf is named after the British Explorer James Clark Ross who on H.M.S. Erebus was the 1st to set foot on the Antarctic. So at least 3 explorations had been there before this attempt.'




海外の名無しさん

新しい技術を急いで実用化して、良い結果が出たという話はある?

'Has there ever been a story of a new piece of technology that was rushed into service with good results?'




海外の名無しさん

OK、私たちはすでに教訓を得ました。そんな思いから、私たちは究極の火星の乗り物であるマーズクルーザーをデザインしました...

'Ok, we already learned the lesson. With that in mind, we designed the Mars Cruiser, the ultimate Martian vehicle ...'




海外の名無しさん

ビデオが始まったとき、私は本当にこれが1970年代にデザインされたものかと思いました。30年代にしては、とても現代的な印象を受けました。

デザインが急がれたのは残念です。ホイール、パワー、重量配分が良ければ、成功したかもしれませんね。


'When the video started I legit thought this thing was designed in the 1970's. It looked so modern for the 30's!

Shame the design was rushed, with better wheels, power and weight distribution it could have made it.'




海外の名無しさん

エンジニア:我々は、地球上で最も困難な地形に対応するために、最も止められないマシンを設計しているんだ!
また、エンジニアたち:そうだ、スリックタイヤを履かせよう。


'Engineers: We're designing the most unstoppable machine meant to handle the most difficult terrain on earth!
Also engineers: Yeah, we're gonna put slicks on it.'




海外の名無しさん

技術者は雪を見たことがないのではないかと思うほど、実際の雪上での適応性を台無しにしてしまった。

'You would think the engineers had never seen snow in how well they fucked up the actual snow adaptation of the vehicle.'




海外の名無しさん

どうしてこれが作られたのか不思議です。
素人が見てもおかしいとしか思えない。

十分なテストが行われていれば、絶対に弱点が明らかになっていたはずだよ!


'I am curious as to how this thing ever got built.
To the laymen it just looks all wrong.

Adequate testing would absolutely have shows up all the weaknesses!'




海外の名無しさん

もう一度:サンダーバードに出てきそうなマシンだね!

でも、もっと正確に言うと:国際救助隊が救わなければならないマシンの一つなのです!


'Once again: This machine looks like it came from Thunderbirds!

But to be more accurate: it's one of those machines International Rescue need to save!'




海外の名無しさん

しかし、そのデザインやユーティリティーのコンセプトは、今でも有効だ。

'Lets just built another one, more modern and better. the concept of its design and utilities is still good and valid.'




海外の名無しさん

最初すぐに気づいたのは、タイヤが滑らかなこと。シカゴでは誰もが雪や氷を経験したことがないのでは?

'The first thing I noticed right off the bat was the smooth tires. Didn't anybody in Chicago experience snow and ice before?'




海外の名無しさん

皮肉なことに、ディーゼルモーターで電気ハブを動かすというのは、まさに現代の電車の走り方だ。

'Ironically the diesel motor running electric hubs is exactly how modern trains run.'




海外の名無しさん

-ハイ、ジョン!
-何?
-タイヤにはトラクションをかけるために トレッドをつけたほうがいいのかな?
-いや、大丈夫じゃね?
-まあ、そうだよな。雪や氷が積もっているわけではないし


'-Hey John!
-What?
-Should we put any sort of tread on the tires for traction?
-Nah mate, sounds like work.
-You have a point. It's not like there's several feet of snow and ice where it's going.'




※翻訳元:
https://www.youtube.com/watch?v=pW0eZRoQ86g

今日のおすすめ記事


Twitterでつぶやく Google+でシェアする
はてなブックマークに追加 Facebookでシェアする

:いつもコメントを頂きありがとうございます。

コメントする