FC2ブログ
最新記事
今週の人気記事
今月の人気記事
FC2ブログランキング
※ [海外情報]
3位/ 8,511人中
[北アメリカ]
1位/1,240人中

アマゾン
Powered by amaprop.net
おすすめRSS

海外「美しい最期だ」最強の剣豪、宮本武蔵が晩年に霊巌洞にこもった理由とは



1.スレ主
これが日本にある霊巌洞。有名な浪人である宮本武蔵が彼の人生で最後の一ヶ月「五輪書」を書きながら安らいで過ごした場所だよ。
勇敢に自由に生き、思うままに死んでいった。伝説の人。


'This is Reigando cave in Japan. Famous ronin - Miyamoto Musashi spent his last months here, writing "Book of Five Rings" & relaxing. Lived brave & free, died on his own terms. Legend.'






熊本市の西方、金峰山(きんぽうざん)山麓にある洞窟、霊巌洞。うっそうと茂る樹木におおわれ、神秘的な霊場として知られる雲巌禅寺(うんがんぜんじ)の裏山にあり、洞窟内には岩戸観音(いわとかんのん)の名で知られる観音像が安置されています。晩年の5年間を熊本で過ごした宮本武蔵(みやもとむさし)が、この洞窟にこもって兵法書「五輪書(ごりんしょ)」を著したことは、あまりにも有名。(熊本観光ガイドより)



宮本 武蔵は、江戸時代初期の剣術家、兵法家、芸術家。二刀を用いる二天一流兵法の開祖。 京都の兵法家・吉岡一門との戦いや巌流島での佐々木小次郎との決闘が後世、演劇、小説、様々な映像作品の題材になっている。


2.Borofill
オリンピック観に日本の行くから、絶対にここは立ち寄らないとだな。



'I’m going to japan for the olympics definitely need to add this as a stop'


↑1


3.PopCultureMGTOW
真の伝説。そこに訪れることができるなんて本当に光栄だよ。

'A true legend. An honor to visit there, that's for certain.'


↑1


4.DarthSchadenfreude
それって練習用の木刀で血統相手を打ち負かしたっていう奴?


'Is that the dude who would beat people in sword fights just using his wooden practice sword?'


↑1


5.A_BIG_TURD
美しい。君もそこで何ヶ月か過ごせたらいいね!

'Beautiful. May you spend many months there too!'


↑1


6.Borofill
ここ読んでるゲーマー向けに、殆どの人がプレイしたことないPSの「ブレイヴフェンサー 武蔵伝」ってのが面白いよ。
もしレトロなゲームやエミュレーターにハマってるならマジで遊んでみることをおすすめする。




'For gamers here, brave fencer musashi is an awesome game on the PS that most people never played. If you are into retro gaming or emulators I suggest highly to play it.'




↑2


7.user0701
何年か前に吉川英治の書いた武蔵の小説を読んだ。
いい本だったし又八がへたれな奴で面白かったよ。




'I read Eiji Yoshikawa's Musashi novel a few years ago. It's a good novel and it's funny because Matahachi was a mangina on the history'


↑2


8.wyu427
死を受け入れながら人生を生きたんだな。

'Lived a life accepting death'


↑3


9.RedRageXXI
僕のFacebookで誰かが最近その本について書いてたよ。
壮年期はかなり恐ろしい人だったんだろうな。


'A guy on my Facebook wrote about this book recently. That was back in the day. I guess he was quite scary in his prime.'


↑4


10.スレ主
>>9
「決闘に敗れたことは一度もない。
相手を苛立たせるため、必ず決闘には遅れていった。
戦略的で、彼の生きた時がいかに冷酷であったか知っていた。
彼を殺す為に刺客が送られたが、その中の1人も成功しなかった。
誰にも従わなかった故に浪人として終わった。」



'Never lost a duel.

Always coming late for it, just to provoke enemy. He was tactical, knowing in how cruel times he lived. There are scripts about assassins sent to kill him, but never a single one was close to succeed. He was defying everyone, hence ended up being ronin.'






↑10


11.feraxil
>>10
手漕ぎの舟で、刀も持たずに決闘に遅れて酔っぱらって現れて、それでも勝つ。相手の頭を舟の櫂でかち割った。

'Also showed up drunk and late to a duel, in a rowboat, without his daisho. Still won. Smashed his opponent's head in with an oar.'


↑10


12.NietzscheExplosion
>>11
舟の櫂を木「刀」にするのは彼の流儀だったんだね。

'Well he did fashion the oar into a wooden "sword "'


↑2


13.GirEternal
日本に住んでるからこの場所行ってみるよ。ありがとう。

'I live in Japan. I'm gonna try and check this out. Cheers.'


↑6


14.スレ主
>>13
いい考えだね!

'Great idea!'


↑1


15.BanMeIMakeNew
沢山の人が孤独に老いて後悔をたくさん抱えて死ぬ。
行きたい道を行く以上にいいことはない。
とっ散らからずに眠るように死にたいわ。


'So many die alone, old, full of regret. Cant get much better than going out the way YOU want. I want to go in my sleep. I dont want to be a broken mess.'


↑6


16.スレ主
>>15
『ラブリー・オールドメン』に出てきた人が「幸せなやつ。寝てる間に死ぬなんて。」って言ってたな。だけど普通はそんなにきれいには行かないよね。


ラブリー・オールドメン(1993)
冬深いミネソタの小さな町で、隣人同士なのに少年時代から諍いの絶えない、因業爺いたちの腐れ縁を描くレモンとマッソーの名コンビによるコメディ。二人とも妻に先立たれ、子供たちとも疎遠なため、なんだかんだと互いに構い合う生活を続けている。揃ってワカサギ釣りにも出かけるが、結局は腐った魚の爆弾の応酬。ところが、彼らの向かいに、美しい中年の大学教員アリエルが越してきて、二人は精いっぱいジェントルに振舞いながら彼女を争うのだが……。(Yahoo映画より)


'As the guy from "Grumpy old man" said: "lucky bastard, died in his sleep."

But most likely mess is inevitable.'


↑2


17.Baldrbaldr
>>16
常にスミス&ウェッソンの退職制度があるよ。

'There's always the Smith & Wesson retirement plan.'


↑2


18.BanMeIMakeNew
>>17
くっそ、俺はむしろ自動車の排気ガスの方法で行くわ。自分の顔を打ち抜いても生きてる場合があるからな。

'Fuck that id rather do the car exaust method. You could still live blowing your face off.'


↑1


19.duStySnumgla
タイトルってman?それともmenだった?調べてくるわ。

'Is it grumpy is man or men? I'm gunna check it out'


↑1


20.cycloneous
行きたい道を行った人。彼の道を貫き、本を著し彼のやりたかったことを確かめた。安らかに!

'The man went out on his own terms. Lived his own way, wrote a book and checked out the way he wanted, in peace!'


↑11






※翻訳元:
https://www.reddit.com/r/MGTOW/comments/99ww3f/this_is_reigando_cave_in_japan_famous_ronin/
今日のおすすめ記事

:いつもコメントを頂きありがとうございます。


324.名無しさん:2018年08月27日 01:46

吉川英治の創作って罪深いな~

325.名無しさん:2018年08月27日 09:25

吉川英治の小説は面白いよ
文章が読みやすいのに美しい
「宮本武蔵」は高校生の時に一気読みしたなあ。
物語の最後の一文の「雑魚〜」のくだりは深く胸に残る

326.名無しさん:2018年08月27日 09:46

「あんなかっこいい人間、いるわけない!」
「司馬遼太郎の武蔵のほうが本物だよ!」

「でも梶原一騎のせいで大山倍達=吉川英治の武蔵になっちゃってるのよ」

「私はあんなカッコイイ人間じゃないっての」
「でも当時の私は梶原と手を切る勇気がなかったのよね」

 大山倍達がそんなことを言ってたとか。

327.名無しさん:2018年08月27日 10:05

なんでもない普通の田舎にあるちっちゃい穴の周りをちょこっと雰囲気だしてるだけのとこだったよ。
パワースポット的な期待をしてると、がっかりするかも。
ただ、山にあるので、その周辺のドライブはかなり景色もよく海が見えてくるところは、みかん畑がたくさんあって、気分がいい。

328.名無しさん:2018年08月27日 12:15

『五輪書』はかなり面白い。
「相手の一番やられたくないことを、一番やられたくない時にやれ」とか。

329.名無しさん:2018年08月27日 16:44

管理人さん、"last months"だから最後の1ヶ月ではないですよ。

331.xxx:2018年08月28日 00:08

勝利至上主義で、「正々堂々」とはかけ離れていた。
巌流島の時も一騎打ちの約束だったのに、弟子を物陰に待機させていた。
木刀の一撃で気絶させた小次郎を、弟子たちが寄ってたかって殺したという話。

341.べいちゃんねる民:2018年08月28日 02:22

漫画のキャラだぞwwwwwwwwwwww
外人は何で信じてんだよ

346.あんのうん:2018年08月28日 06:32

武蔵伝って技に『ダミーだこりゃ(ダメだこりゃ、ドリフネタ)』とかあったでしょ?理解出来た外国のプレイヤーとか居るの?

350.名無しさん:2018年08月28日 08:15

俺も浪人やってたので武蔵の気持ちはわかる
図書館に籠って単語帳を書き上げたもんだよ

429.名無しさん:2018年08月31日 13:37

※350
五浪書、ですかな?

コメントする

サイト内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
プロフィール

相互リンク・RSSを募集中です。
ご連絡はこちらからお願い致します。

ブログ:
今日も荷物が届かない。@海外の反応

RSS:
http://baychannel.jp/?xml


( @baychannel55 )

 スポンサード リンク
おすすめRSS